新着Pick
671Picks
Pick に失敗しました

人気 Picker
手に垢のついた言葉ではありますが、クリエイティブこそ、最高の強みになると確信しています。
異分野・異能・異文化・異世代・異時代の5つの"Different"を縦横無尽に掛け算できる人はやっぱりクリエイティブだなぁって感じる。
人は油断するとついつい自分と同質の人や情報ばかりに偏ってしまうので、意識的に"Different"と自分を交わらせるようにしてます。
NewsPicks にジョインして、エンジニアの真横で仕事できるようになり、今までとは全く違う視点でメディアを見られるようになった。ものすごく新鮮。私もプログラミングを学びたいな。
早速、「オセロ」を読まないと!

シリコンバレーがなぜこんなに凄いのか。いろんな要素がありますが、その一つが「多様性」だと思います。
思えば、多様性の元、世界は広がっていった。インターネットで国境を越え、人種を超え。。。
「多様性が無い方が危険。多様性は危険をエスケープできるポートフォリオだ」と誰かの言葉で聞いたがあります。
同質化をいかに避けるか。異なるものをくみあわせ化学変化を起こす。同質化させたほうが恐らくマネジメントは楽。経営者はどう意図的に異文化をぶつけ合わせハーモニーを奏でるか、ですね。
異分野融合はかなりたいへん。言葉も違うし考え方も違う。ちょっと話しただけでは異分野融合は無理だと考えた方がいい。異分野融合で最も良い手は、自分が異分野領域にどっぷり浸かること。人は適応する生き物なので案外すぐに慣れる。あとは境界のブルーオーシャンを満喫すればいい。
好奇心、教養、体力。いずれも、時間の使い方に関係してくると思った。日々、どう過ごすかでアウトプットは変わる。
クリエイティブを“異”という言葉でまとめたとても面白い記事。“異”であること決しておそれず、積極的に“異”にならないといけない。
全く関係のない点と点が交わったとき、実に快感なんだけど、情報のインプットと、しばらくボ~っと眺める時間をどう工夫すべきか、難しいところです。
情報源を多様にし、それらをつなげる力が人とは違ったアウトプットをする力だと思う
カドカワ株式会社(英語: KADOKAWA DWANGO CORPORATION)は、2014年10月1日に設立された日本の持株会社、出版社。ドワンゴとKADOKAWAを傘下に持つ。2015年10月1日より、KADOKAWA・DWANGOより社名を変更。 ウィキペディア
時価総額
1,063 億円

業績

株式会社KADOKAWA(カドカワ、英語: KADOKAWA CORPORATION)は、日本の出版社および映画会社。法人格としては1954年(昭和29年)に創業した角川書店(初代)、旧角川グループホールディングスと同一である。 ウィキペディア