• 特集
  • 番組
  • トピックス
  • 学び
プレミアムを無料で体験

【イスラエル】人質解放交渉でガザ地上侵攻遅れも-支援物資搬入続く

44
Picks
このまま本文を読む
本文を読む

コメント


のアイコン

注目のコメント

  • badge
    静岡県立大学国際関係学部 准教授

    米国は、イスラエルを明確に支援する一方で、ガザ地区に捕らわれている米国人人質は救出したい、という点では、イスラエル政府とは優先度が異なります。

    米国が出している支援は、
    ・イスラエル沖に配備して、今なお増援を増やしている米海軍の空母打撃群
    ・アイアンドームやパトリオットといった地対空ミサイル
    が今のところ主なものですが、砲弾、戦闘車両などの供与も続けています。
     また、海兵隊2000人を必要に応じて派遣する準備も完了しています。

    イラン側は、今のところ、ヒズブッラーが、イスラエルの北部国境地帯にあるレーターや通信施設を狙い撃ちにしているだけですが、兵力はレバノン内部の国境地帯に集結させています。
     その中には、イラクなどから送られてきた、イラン傘下の武装勢力の兵力も入っています。

    ヒズブッラーが動くタイミングは、ヒズブッラーが自ら言っているように、イスラエル軍が地上部隊によるガザ地区掃討作戦を開始した時でしょう。
     イスラエル軍は、ガザ地区掃討作戦と同時に、北側のハマースよりはるかに強大な軍事組織を相手とした作戦を、同時進行することになります。


  • badge
    拓殖大学大学院 客員教授

    ガザ地上侵攻のタイミングをイスラエルは見失ったのではないか。時間がたてばたつほど、人質の生命に関心が集中する。いまはその過程にある。


  • 専修大学・経済学部(国際経済) 専任教員

    こういう流動的なときにこういう色々な動きを網羅的に書いてある記事は意味があるんでしょうね。


アプリをダウンロード

NewsPicks について

SNSアカウント


関連サービス


法人・団体向けサービス


その他


© Uzabase, Inc

マイニュースに代わり
フォローを今後利用しますか