32Picks
Pick に失敗しました

人気 Picker
共和党のゲーツ下院議員は、フロリダの世襲議員ですが、トランプ派筆頭というべき人物です。
 スティーブ・バノンなど、陰謀論的右派勢とも現在に至るまで親密で、よく一緒に対談番組などを開催しています。

マッカーシー下院議長は、確かに民主党の支持を得て、つなぎ予算案を通しましたが、ウクライナ支援予算を出さないようにするなど、トランプ派の要求も取り入れていました。
 議長という立場上、調整役は基本的な役割ですが、それがダメというなら、議長など存在しなくてもいいというようなものです。

共和党下院議員の内、マッカーシー下院議長擁護派は、ゲーツ下院議員を倫理委員会にかけようとしています。
 共和党内部の解任争いに、民主党が介入していくことになります。
つなぎ予算は下院で共和党の賛成は126、反対は90(民主党の賛成は209 反対は1)。たとえ解任が通らなくてもこの数字をみると、マッカーシーの今後はなかなか厳しいところ。ゲーツは「マッカーシーは私たちのリーダーではない。そしてジェフリーズ(民主党院内総務)がマッカーシーの新しいボスだ」とまで言い切っています。
共和党の騒ぎに民主党が巻き込まれる格好になっているな…。マッカーシー下院議長の解任動議に賛成すれば、共和党のMAGA議員の思い通りになるし、反対すればマッカーシーを支持し、共和党を助けることになる。いずれにしてもアメリカ政治が混乱しているのだけは確か。
二大政党間の分断に止まらず、共和党内の分断が進んでいるということか・・・ 今回の動きを見る限り、共和党と民主党の分断より共和党内の分断の方が激しそう (・・;
超簡単に説明すると…
民主党はリベラル派 揶揄すれば売国派
共和党は保守派 好意的に言えば愛国派
共和党が下院の多数を取り議長を決める時に、マッカーシーはリベラル的な発言も少なくなく、フラフラしていて信用できないってんで4-5回投票をやり直してようやく議長になった。その過程でマッカーシー反対派の条件を飲んで議長になった。
今回の民主党の予算案への妥協は、マッカーシーの約束破りに当たるって事で解任動議になりました
って事です
やっぱりこの動き。共和党も民主党の2党だけではなく、共和党の中でも分断ができているのが、アメリカにとって不幸でしかないです。