138Picks
Pick に失敗しました

人気 Picker
米国下院は、
共和党 221
民主党 212
ですから、
 つなぎ予算案が、
賛成 198
反対 232
で否決。
 反対に投票したのは、民主党211と共和党21,です。

この共和党21名が、この記事でいう「強硬派」です。おおむねトランプ派です。

つなぎ予算案は共和党のマッカーシー下院議長がまとめようとしたもので、この案で当面の政府運営に支障が出ないようにしようとしましたが、民主党の支持も得られず、トランプ派も反対に回り、失敗しました。

https://thehill.com/homenews/house/4230386-house-conservatives-tank-gop-short-term-funding-bill/
ニューヨークタイムス記事を読む限りでは、もともとこのマッカーシー下院議長の案は下院を通過したとしても、そのままの形では上院を通る見込みはなかったようです。
いつもお騒がせなアメリカ政治。景気の軟着陸予想が高まり、世界の関心が欧州や中国、インドに向かうと「イヤイヤ自分だけを注目してくれなければイヤ」と駄々をこねるお子様のようですね。
国立公園は直ぐに閉まるそうですが、航空管制官などのエッセンシャルワーカーは無給で業務を続けるそうです。社会保険やメディケア・メディケイドの給付には影響はなく、司法手続きや裁判所業務も数週間は続けられると書いてありますので、議会のにらみ合いは週明け以降も続くのでしょうか。
ここまでは想定内。閉鎖がどんな政治的な影響をもたらすかにむしろ注目。96年の時のように仕掛けた方(下院共和党)に逆風となるのか、むしろ大統領にとってマイナスとなるのか。
「共和党強硬派が反対に回った」とありますが、共和党強硬派、いわゆるフリーダムコーカスは10人ほどに過ぎず、他の議員が賛成すれば「賛成198、反対232」という結果にはならぬはず。賛成198のうち民主党議員は156、共和党議員は42、反対232のうち共和党議員は221人、民主党議員は11人であるようです。バイデン政権の移民政策や気候変動対策、大きな政府路線を巡って民主党側にも共和党側にも不満を抱く向きがいるのが原因でしょう、たぶん。折角見え始めたインフレからの軟着陸が遠のかぬうちに決着してくれると良いけれど (・・;
米議会下院は29日、マッカーシー下院議長(共和党)が提案した10月末までのつなぎ予算案を賛成198、反対232で否決した。共和党強硬派が反対に回った。これにより10月1日から連邦政府機関が一部閉鎖されることがほぼ確実となっているそうです
10年で4度目となると、たいしたサプライズではないように思えます。

米国債金利が上昇していますが、解決すれば落ち着いてくると思います。
それに連動して円高方向に振れるか?
これは…何とも言えないところですけど。
捻れとGOPの内紛で採決が複雑なことになっていますが、DEMの隠れ部隊がいればよかったかも知れません(ただそんな軍人将棋のようなわけにもいかないとは思いますが…笑)
風物詩的ではありますがいつもとは違った趣がありますね
このまま混乱を収めないと、共和党のマッカーシー下院議長がそもそも下院議長で居られないのではないか、という不安も出てきます。元々、下院議長就任時にトランプ派に妥協して、いつでもクビにされるリスク付きでしたから。
毎年同じことやっているような気がしますが。共和党の強硬派がやりたい放題ですね。まあ、政治ですからそれもありでしょう。しかし、アメリカの政治の心配より、国内の景気対策の方を心配した方がよさそうです。
季節モノですねぇ、もはや
Class-I railroad Norfolk Southern operates in the Eastern United States.
時価総額
8.27 兆円

業績