174Picks
Pick に失敗しました

人気 Picker
「被害者への補償や再発防止の取り組みが十分と判断されるまで」というと分かりにくいが、要は「この会社が文化的にも資本的にも完全に別の会社になるまで」ということだ、と理解したら間違いないでしょう。つまり、「この会社は、日本社会では終わり」で、①身の潔白を証明できた社員やタレントは、他の組織でやり直し。②加害に回った人は、まずは補償に集中、③被害者は事務所からの補償を受けつつ、これから様々な分野頑張って生きていく。この事務所に関わった人たちは、三つの道を別々に歩むということです。私は①と③のカテゴリーの人を、できる範囲で応援したいと思います。
どのテレビ局も「同事務所の被害者への補償や再発防止の取り組みが十分と判断されるまで、所属タレントの新規起用を見合わせる」というが、そういう問題なのだろうか。性的虐待を知っていたが、見て見ぬ振りをしていたことで、何十年も子供達の虐待が続いていたことに対する責任をどうするか、という問題がスルーされている。これはどうなのだろうか。どの局にも、広告代理店にも雑誌社にも、全ての関与してきた組織に言えることなのでは?補償や再発防止の枠組みをジャニーズ事務所だけに押しつけていて良いのだろうか。
NHKは受信料と税金で運営されているので、他の民放よりも厳しい対応になるのは当然でしょう。

しかし、そのようなNHKだからこそジャニー喜多川氏の性加害を黙認していた責任をしっかりと解明すべきです。
責任の所在を曖昧にしていると、受信料支払い拒否の動きが広がるかもしれません。
ジャニーズ事務所の性加害問題を巡り、NHKは27日の定例記者会見で、同事務所の被害者への補償や再発防止の取り組みが十分と判断されるまで、所属タレントの新規起用を見合わせると発表しているそうです。
今年の紅白歌合戦はどうなるのでしょうね。
NHK側もいろいろ言われているので、大きく内容を変える、もしくは紅白歌合戦を止める選択があっても良いのではないでしょうか。
マスコミの対応が10年単位で遅い。
意味不明

紅白は連続出場ならオッケーなの?