16Picks
Pick に失敗しました

人気 Picker
やはりメジャーリーグは夢がある。

日本のプロ野球球団で1軍選手の平均年俸が一番高いのはソフトバンクだが、その金額はメジャーリーグの最低年俸以下ですし、メジャーリーグのような年金制度もありません。

日本のプロ野球球団の「支配下選手」は1球団上限70名。12球団合計で上限840名ですが、毎年1割近くがクビになります。
在籍年数の平均は7.7年。スター選手を除くと多くの選手が5年以内でクビになる厳しい社会。それに較べたら外資系コンサルタント会社なんて優しいもんです。

日本のプロ野球選手の平均年俸は4468万円ですから平均在籍年数(7.7年)を掛けると、生涯年収の平均は5憶8000万円。給料が高いことで有名なキーエンスの約8割、三菱商事と同じ程度。ただし、一部のスター選手を除けば、多くの選手は普通の企業と大差がないかそれ以下でしょう。計算してしまうと夢がありませんが…。

そんな中でもメジャーに行ければ年俸何十億の夢の世界が待っているのは素晴らしいことです。日本の野球関係者はメジャーリーグに感謝しないといけません。
昨年のMLB移籍組を見るとた。山本由伸投手と同じ、オリックスからレッドソックスへ移籍した外野手の吉田正尚外野手は、5年総額9千万ドル。投手の比較ではソフトバンクの千賀滉大投手が、メッツに5年総額7500万ドルで入団しています。どう考えると山本由伸投手の移籍で出てきている2億ドル(譲渡金含む)と言うのがいかに高評価であるかと言うことがわかるかと思います。
昭和23年ガムの製造販売が出自。日本と韓国を中核拠点に、 グローバルで菓子事業から外食、スポーツ、ホテル事業など多くの事業を展開。
Perform Group PLC is the holding company of a group of digital media companies.

業績