• 特集
  • 動画
  • トピックス
  • 学び
プレミアムを無料で体験

米国と中国、経済と金融協議する作業部会を設置-関係改善の兆し

Bloomberg
26
Picks
このまま本文を読む
本文を読む

コメント


注目のコメント

  • 加藤 嘉一
    badge
    楽天証券経済研究所 客員研究員

    米中対立と言われながら、両国間では米閣僚の相次ぐ訪中、第三国での戦略対話、今回のような作業部会の設置などあらゆるレベル、分野で意思疎通が行われています。日中はもちろん、日米以上に成熟したメカニズムが機能しているとさえ言えます。それだけ難しく複雑な関係だからという背景も当然ありますが、日本としては、米中対立に巻き込まれるとか受け身になって怯えるくらいなら、米中それぞれに対して行動したほうがいいと思います。我々が自認しているほど米中両国にとって日本というファクターは重要ではありません。


  • 前嶋 和弘
    badge
    上智大学 総合グローバル学部教授(現代アメリカ政治外交)

    半導体などのデカップリング(デリスキング)がある中、ほかの部分の経済関係は戻していく「デカップリングの精緻化」も進んでいきます。米中の均衡点を探る動きともいえます。


アプリをダウンロード

NewsPicks について

SNSアカウント


関連サービス


法人・団体向けサービス


その他


© Uzabase, Inc

マイニュースに代わり
フォローを今後利用しますか