• 特集
  • 番組
  • トピックス
  • 学び
プレミアムを無料で体験

FOMC、政策金利を据え置き-年内あと1回の追加利上げを示唆

183
Picks
このまま本文を読む
本文を読む

コメント


のアイコン
0 / 1000
シェアする

注目のコメント

  • badge
    株式会社ミンカブ・ジ・インフォノイド 東G(4436) 副社長 COO

    きょうの米株式市場でダウ平均は前半の上げを失い続落した一方、IT・ハイテク株は売りが強まり、ナスダックは大幅安となっています。
    午後になってFOMCの結果が公表され、政策金利は予想通りに据え置かれました。
    今回はFOMC委員の金利見通し(ドット・プロット)も公表され、年内1回の追加利上げの可能性を示唆したほか、2024年は年末までに5.00-5.25%を見込んでいました。
    6月は2024年末までに4.50-4.75%まで利下げを予測していたことから、上方修正された格好となっています。

    米株式市場にはタカ派なムードが広がり、米国債利回りの上昇の反応と伴に、米株式市場はネガティブな反応を示しました。
    その後にパウエルFRB議長の会見が始まると更に下げ幅を広げる展開。
    議長は「引き締めは慎重に進める」と述べたものの、追加利上げに前向きな姿勢も堅持していました。
    「ソフトランディングは基本シナリオではない」と述べたことも圧迫したよう米株式市場にはタカ派なムードが広がり、米国債利回りの上昇の反応と伴に、米株式市場はネガティブな反応を示しました。


  • badge
    第一生命経済研究所 首席エコノミスト

    特に24年末以降のドットチャート中央値が引き上がったことで、米長期金利が上昇し、ドル高が進んでいます。


  • badge
    日本金融経済研究所・代表理事 経済アナリスト

    タカ派と受け止められた。あと1回の追加利上げの可能性と、来年利下げに転じたとしても、思ったより利下げ幅が小さい点。しばらく5%を超える高い金利水準が続くわけです。問題はインフレを抑え込めるかどうか。ポイントは自動車スト、便乗値上げ、原油価格上昇など。


アプリをダウンロード

NewsPicks について

SNSアカウント


関連サービス


法人・団体向けサービス


その他


© Uzabase, Inc

新しい記事ページ
を表示しています

ご意見・ご要望はこちらまで

マイニュースに代わり
フォローを今後利用しますか