• 特集
  • 番組
  • トピックス
  • 学び
プレミアムを無料で体験

アゼル、アルメニアとの係争地で軍事行動 死者25人 米ロなど自制呼びかけ

28
Picks
このまま本文を読む
本文を読む

コメント


のアイコン

注目のコメント

  • badge
    静岡県立大学国際関係学部 准教授

    元をたどれば、
    1991年、ソ連崩壊に伴い、アゼルバイジャンとアルメニアが独立
     ↓
    その際、アゼルバイジャン内の「ナゴルノ・カラバフ」地域にはアゼル人とアルメニア人が混在しており、どちらの国に帰属するかが問題になる。「ナゴルノ・カラバフ」で衝突が相次ぐ。
     ↓
    1991年、「ナゴルノ・カラバフ」のアルメニア人住民、「アルツァフ共和国」を名乗り、アゼルバイジャンからの独立を宣言。アルメニアはこれを支援し、軍事介入。アゼルバイジャン軍との全面衝突「第1次ナゴルノ・カラバフ戦争」に。
     ↓
    1994年、アルメニア優勢で「第1次ナゴルノ・カラバフ戦争」停戦。「アルツァフ共和国」は、アルメニアの実効支配化に。
     ↓
    2020年9月、アゼルバイジャン軍は、「ナゴルノ・カラバフ」地域の奪取を目指し、「アルツァフ共和国」への攻撃開始、アルメニア軍との戦闘となり、「第2次ナゴルノ・カラバフ戦争」勃発
     ↓
    2020年11月、アゼルバイジャン軍の優勢で停戦。
     ロシアの仲介により、アルメニアがアゼルバイジャンに、ナゴルノ・カラバフ共和国の一部を「返還」することで停戦が成立
     ↓
    2023年、アゼルバイジャンが、「未返還」の「ナゴルノ・カラバフ」地域を奪還するべく、軍を展開、「アルツァフ共和国」を孤立させる

    そして、2023年9月19日、アゼルバイジャン軍は、「アルツァフ共和国の完全武装解除」を目的とする「反テロ作戦」の開始を宣言。
     アルメニア軍は、これを阻止する行動を起こさず。
     このままいくと、「アルツァフ共和国」は崩壊し、アゼルバイジャンが、「ナゴルノ・カラバフ」地域を完全に回収します。


  • 法政大学大学院 / 機械工学専攻 NewsPicks Curationインターン

    アゼルバイジャンは19日に隣国アルメニアとの係争地のナゴルノカラバフに対して対テロ作戦を開始したと発表しました


  • 小売業

    アゼルバイジャンは果物が美味しい国なのに。
    こういった紛争がなくならないものかと切に願うばかり。


アプリをダウンロード

NewsPicks について

SNSアカウント


関連サービス


法人・団体向けサービス


その他


© Uzabase, Inc

マイニュースに代わり
フォローを今後利用しますか