今日のオリジナル番組


詳細を確認
No More Rules 業界の改革者になるには?
本日配信
429Picks
Pick に失敗しました

人気 Picker
今回の一連の出来事の中で被害を告白している元ジャニーズJr.メンバーから「東山氏はジャニー氏の側近中の側近でありジャニー氏の性加害の実態は間違いなく把握しており彼も加害者側の人間」という旨の発言も出ているうえ、どの程度信憑性があるのか不明ですが、東山氏から性加害を受けたという元ジュニアメンバーの情報もあったりで、こんな付け焼き刃的な社長人事で本当に大丈夫でしょうか?
ガバナンスがまったくできていない会社の立て直しが実質的な「内部者」に出来るはずがありません。
きつい言い方になりますが、東山さんが人間的にどんなに素晴らしい方だとしても、それだけで今のこの会社を再生する仕事に適任だということにはならないということがすぐに明らかになると思います。東山さんが気の毒な気もします。
法人としての刑事責任も問わないとまあプライベートカンパニーでまだまだテレビ局との繋がりが深いのでどうにもなりませんね。
ジャニーズ事務所の年間売上高は1000億円を超えるとも言われている。日本でこの規模のサイズの企業、しかも日本のお家芸の製造業などとは全く異なるエンタメ企業を、経営できる手腕をもった経営者はいるだろうか?

加えてそこに世界最恐の連続児童虐待事件という大スキャンダルを抱えている。渦中の栗を拾いにいく名うての経営経験者はいないのは明白。

タレントとして長年活躍してきた東山さんが出来ることはといえば、経営ではなく矢面に立ち続けること。経営は外部の人材を積極的に登用するほかない。

ジャニーズ事務所の未来はお先真っ暗だか、過去に量産してきたコンテンツはまだまだ宝の山のはず。最終的にはIPとタレントプールを評価してくれそうな韓国の芸能事務所との合併とかしか道はないのかもと思う。
東山氏も、小さなお子さん二人いて(お子さんが我が家と同年代!)、お父さんもしながら、未経験の社長業に挑戦、しかもどのプロ経営者も受けたくないような難案件を担当する事を覚悟決めるなんて、すごいと思います。

ここは自身の経営手腕を過信することなく、投資してプロ経営者の味方をつけて体制を作り、日本国民の期待に応える動きをして、業界を良い方向に持って行っていただける事を願うのみ、です。
少年たちへの組織的レイプをかなりの長年に渡り放置してきた当事者(場合によっては被害者でもあった?)の一人でもある人間が社長になるというのは到底理解ができません。
第三者委員会の指摘通り、解体的な措置が必要だと考えます。
これは単に芸能の問題でもなく、このような悪辣な犯罪的行為を社会として許すかどうかという大きな問題であろうかと思われます。また、日本のコンテンツ産業の未来を考えても大きなダメージを与える事になると思います。
まさかこのまま幕引きを図るなどということをマスメディアもするつもりではありませんよね。
昔ジュリー氏との交際の噂やここまで事務所に育ててもらった身として東山も断れなかったのでは?などと言う言葉も上がっているようですが、9月7日の記者会見に向けてどのようなことを示し、これからのジャニーズ事務所の新体制として、どう言う1歩を踏み成長をしようとするのか凄く楽しみなところですね。
ジャニーズの出世頭である東山氏が新社長ですか…。
近藤真彦氏もスキャンダルがなければ社長就任があったかも。

ただ、東山氏もどっぷりとジャニーズにつかっているだけに、まだまだ騒動は収まらないかもしれませんね。
見て見ぬふりをしていた1人かもしれないのにと思ってしまう。
ある意味サプライズ人事ですね。
元々、メリー喜多川氏は娘のジュリー氏と東山さんを結婚させて後継者にしたかった。東山さんはそれが嫌で逃げたと言われてますよね。ご本人もまさかこんなことになるとは…という感じでしょう。

加害者であるジャニー氏が亡くなっており「性加害の再発」はほぼ起こらないわけで、ジャニーズにとって喫緊の課題は被害者への補償。これは世間の監視があるのでそれなりに進むでしょう。

ただし、芸能人である東山さんご自身が「世間の常識とかけはなれた芸能界の慣習」を変えるのは難しいでしょうし、マスメディアも「反省」とか言いながら、結局は元の関係に戻る。そのうち世間の関心も薄れて「そういえばジャニーズ問題ってあったよね」みたいになる。まあそういうことかと思います。