89Picks
Pick に失敗しました

人気 Picker
沖縄県としては辺野古の基地建設を「新基地建設」とみなし、新しい基地を沖縄として認めるわけにはいかないという立場で一貫していて、法廷闘争はそのひとつの手段です。ただ、県が勝訴する見込みはもともと乏しかったのも事実。最後まで沖縄県としては抵抗の姿勢を示すのだとしても、政府と県の対話はこれからも続けていく必要があるでしょう。沖縄に基地負担が集中しているという現実には、しっかりと向き合わなければなりません。
裁判結果(=日本の司法制度)は公平で中立ではないと言う批判は法治国家の根本揺るがす発言。もっともこの人の準拠法は中国がもしれないが。
何か沖縄県側に罰則を課すことはできないのでしょうか?