330Picks
Pick に失敗しました

人気 Picker
ハラハラ・ドキドキでしたけど、本当おめでとうございます!バスケやってた僕からしたら本当嬉しかった。

でも、ボーバスHCが一貫して『信じてる』って言葉が凄い印象です。あの言葉が皆んなに伝わってて、それで皆んな自分自身を信じるようになってたからこそ、素晴らしい結果に繋がったんだろうなって思います!

それって仕事をしていく上でも、部下をまとめていく上司にはとても大切な心掛けかと思いました。やはりスポーツは色んなこと学べますね。
また、とんでもない試合をアカツキジャパンがしてくれた。20点差がついてからの楽勝モードから、これまで日本が2戦やってきた大逆転劇を彷彿とさせる猛追に、4Qで全く点が取れなくなってしまう呪縛をホーキンソンが最後の最後に振り払ってくれた。ともにフル出場の渡邊と合わせて神すぎる
やったー!!
4Qで0-13になった時には胃が痛くなりました。
でもリバウンドとルーズボールへの執念で耐えました。
おめでとうございます🎊
バレーボールしかり、バスケットボールしかり、日本の弱小と言われたスポーツ界が世界で活躍するようになった。明らかにダイバーシティと選手の海外挑戦だ。
日本の経済界もスポーツ界を見習い、外国人をマネジメントに受入れ、海外で教育を受けた日本人や外国人を社員として受け入れ、海外進出してダイバーシティを高めないと、いずれ新興国にも置いていかれるだろう。
泣いたぞ!これまでの前半リードされて4Q大逆転じゃなくて、前半リードして4Qで3点差まで詰め寄られた時、負けるかも、、、と覚悟してしまったじゃないか。その時ジョシュ・ホーキンスの+1の3得点は大きかった。ホーキンスと渡邊雄太は40分フル出場。君がいてくれて良かった。日本に帰化してくれてありがとう!
これまでと逆に4Qが苦しかったけど、やってくれた。さぁ、パリに行こう‼️
おめでとうございます!日本のバスケットボールもこれからますます盛り上がっていくのが楽しみです。スポーツの持つ力、感動をありがとうございます。
95年から2年間のシカゴ大学留学時、シカゴブルズはマイケルジョーダンやデニスロッドマン等の大スターを擁して全盛期、バスケに魅了されました。そこから28年経って日本で開催されるバスケワールドカップで日本の躍進を見られたのは格別です。

「常に日本に夜明けをもたらす先駆者であり日本社会に日の出の勢いをもたらす存在でありたい」との想いから命名されたアカツキ ジャパンの愛称で戦い抜いた日本チーム。まさに日の出の勢いをもたらし、日本を鼓舞した試合だったと思います。混乱の中から2016年に生まれたBリーグもレベルが上がってきた一方、国際大会では苦戦を続けてきた日本チーム。実力の3勝で12チームしかないパリ五輪の出場枠を勝ち取り、長年の夢を実現した暁(あかつき)を日本でのTV中継で見られたこと、最高でした。パリでは茜色にそまる東雲(しののめ)を見せてくれると思います。
ついに、日本男子代表が有言実行、目標としていたパリ五輪の切符を掴み取ってくれました。選手たちはもちろんのこと、コーチ、スタッフ全員が結果を残すために死力を尽くした結果です。打ち上げでスタッフとお話ししてより感じています。まさに、総合力の勝利ですね。

また、この結果の立役者は、ファンの皆さまに他なりません。凄すぎる熱量の応援が、間違いなく運さえも引き寄せ、相手選手の動揺を誘っていました。あのアリーナの大声援は、鳥肌もので、間違いなく選手たちを鼓舞し、疲労困憊の身体を奮い立たせてくれたと思います。各国の関係者は、日本のホームコートアドバンテージを脅威だと話していました。

もちろん、アリーナにお越しになれないファンの皆さまのテレビの前で応援しているエネルギー、SNSでトレンドを席巻したムーブメント全てが届いていましたし、奇跡を起こしました。本当にありがとうございました。

まさに、日本一丸、みんなで勝利を掴み、日本のバスケ界の歴史を創りました。2023.9.2、語り継がれるでしょうね。「バスケで日本を元気に」が、バスケ界の最上位の目標です。おそらく、日本バスケ史上最も目標に近づいたワールドカップ、瞬間になりました。

しかし、まだ、世界の扉をこじ開けただけです。世界の強豪国と渡り合えるそんな日を夢みて、バスケがもっともっとメジャーになり、バスケで日本を元気に出来るよう関係者と早速、今日から始めます。

あとひと月で、Bリーグ 2023-24シーズンが開幕します。この勢いを追い風に、全56クラブの皆さんと共に盛り上げてまいります。各クラブのアリーナでご来場お待ちしています。日本代表選手はもちろん、他にも匹敵する素晴らしい選手はたくさんいます。あなたの推しを見つけてほしいです。

次は、バスケだ!は始まったばかりです。
4Q、あんなに点が入らないことがあるんですね…
最後の最後まで粘る大切さを教えてもらった試合でした。
途中の富永の神がかった決定率は鳥肌モノでした。