今日のオリジナル番組


詳細を確認
植松伸夫が奏でたFFの世界
本日配信
287Picks
Pick に失敗しました

人気 Picker
素晴らしい成果。インドは国としての宇宙活動も凄く前進していますが、同時にここ数年民間宇宙産業の育成にも力をいれています。そのための専用の政府機関も設立済みです。ちなみに今年は月探査のラッシュです。日本のispaceとロシアのルナ25号は残念ながら月面着陸の成功はなりませんでしたが、今後日本のSLIM、米国のIntuitive Machineの月面着陸トライがあります。SLIMが成功すれば日本初、Intuitive Machineが成功すれば民間初の月面着陸です!
素晴らしい成果ですね
インドのバンガロールに住んでいます。
国をあげて注目していた探査機の着陸。周りのインド人も大盛り上がりです。まずはよかった!おめでとうございます!
やー、素晴らしいの一言!!!前回の失敗からスピード感のある再トライで見事に成功です。インドからは本当に良い技術者が来る。お金もあるし勢いもある。先日のロシアの失敗と対照的。この成功と失敗が、日が昇る国と沈む国の未来を象徴しているようにすら感じます。

それにしても、再トライの機会がちゃんと与えられるのが素晴らしい。日本もOMOTENASHIに再トライさせてあげれば技術が蓄積していくのに。

とにかく、インドの皆さん、おめでとう!!!

さあ、次は日本のSLIMです!
7月14日に打ち上げられたインドの無人探査機チャンドラヤーン3号の月面着陸が成功。
月面探査は、旧ソ連、アメリカ、中国に次いで4カ国目。インドの経済成長の象徴的な出来事になりそうです。
インドの宇宙開発にはベンチャー含め民間資本の流入が加速しており、この成功を機に技術発展がさらに進むでしょう。今回のプロジェクトはこれまでと比べて大幅に低コストで実現しているそうです。
つい先日、同じく世界初の南極着陸を目指して失敗したロシアとの対比が皮肉ですね…
やばい!!!!!!!!インドと聞いて意外と思うかも知れませんが、自前のロケットで自前の衛星・探査機を打ち上げるすごい技術力の国。

日本は今度インドと協力して月を目指す計画(LUPEXプロジェクト)です。
同様に月の南極に着陸し、ローバによって探査します。
おめでとうございます.
https://newspicks.com/news/8796203?ref=user_2112738
次は日本のSLIMで,H-IIAの確実な打ち上げを期待します.
インドの初月面着陸のニュース、素晴らしい偉業。
関係者の皆さんには祝辞をお伝えしたいです。

2010年に南インドに赴任し、チェンナイ、バンガロールを含む南部諸州で情報通信業界で働いて来ました。

バンガロールは当時よりIT集積地として有名でしたが、それ以外にもDeepTech系のR&Dの集積地でもあります。

マイルハイの標高の元で暮らしやすい気候の中、この20年で世界の先端テクノロジーの集積地となったバンガロールから月へ。

探査船の名前にも国柄が溢れてて素晴らしいですね。
素晴らしいの一言のみ!日本のSLIM(SORA-Qなどの搭載品も)も負けてられませんね.

自前で打ち上げから探査までできるようになったのは,流石だなと思います.そういう意味では,開発の雰囲気や予算配分など調べてみたくなりました.

LUPEXなどインドのとの協業もありますが,学べるところはどこからでも学びたいです.
すごい!成功させた!