• 特集
  • 動画
  • トピックス
  • 学び
プレミアムを無料で体験

英中銀0.25%利上げ、インフレリスク警戒し金利高止まり予想

29
Picks
このまま本文を読む
本文を読む

コメント


注目のコメント

  • badge
    三菱UFJリサーチ&コンサルティング株式会社 副主任研究員

    同時に発表された『金融政策レポート』では、インフレは落ち着いてきたが、まだ高過ぎるというBOEの物価認識が示されています。おそらく、主要中銀の中では、最後まで利上げを継続することになるでしょう。それだけ、英国のインフレは深刻です。

    英国のインフレが深刻である最大の理由は、これはもう、EU離脱に伴う供給ショックにほかならず、それは英国のエコノミストのコンセンサスです。離脱を煽る人の中には、大陸の方がその悪影響が強いと喧伝する向きもありましたが、現実はやはり、英国の方が悪影響が強かったわけです。

    高金利政策の継続で懸念されるのは景気悪化リスクですが、特に不動産市場がその起点になると考えられます。住宅価格は下落ピッチを加速させていますが、まだ10%以上下げ余地があるという見方もあります。不動産市場の調整如何では、英景気に大きな下振れ圧力がのしかかります。


  • badge
    第一生命経済研究所 首席エコノミスト

    英国は先進国の中でも、最もインフレ抑制が遅れている部類に入りますから、そうなるでしょう。


  • badge
    追手門学院大学 経済学部 教授 兼 経営・経済研究科 教授

    「2%に下げるため、必要な期間、十分制約的になるようにする」の下り、イングランド銀行は金融緩和局面だけでなく引締め局面においても、フォワードガイダンスを当たり前のように使っているのですね。知りませんでした。「一段と持続的なインフレ圧力」は英国経済のことを述べているのでしょうが、他の先進国でも同様のことが起きているのだとしますと、世界の利上げサイクル終了は、まだまだ先のことと考えられます。


アプリをダウンロード

NewsPicks について

SNSアカウント


関連サービス


法人・団体向けサービス


その他


© Uzabase, Inc

マイニュースに代わり
フォローを今後利用しますか