• 特集
  • 番組
  • トピックス
  • 学び
プレミアムを無料で体験

閉ざされつつある1.5度目標 「気候の時限爆弾」 IPCC報告書

朝日新聞デジタル
5
Picks
このまま本文を読む
本文を読む

コメント


のアイコン

注目のコメント

  • badge
    A.T. Marketing Solution 代表 VISOLAB(株)CMO マーケティング、ブランディング

    私の周りにも「地球温暖化は某団体の陰謀」という方が結構いる。
    もちろん私も気候のプロではないが、この夏の異常な暑さを体感する度に(CO2の増加と地球温暖化の相関関係が全否定でもされないかぎり)経済最優先でCO2を出し続けることは子供たちの世代に対してあまりに無責任ではないかと思うようになりました。

    それでもCO2を出し続けて何かが起ってしまった時は、人類と言うのはその程度の知能しかなかった生き物と言うことなんでしょう。


  • badge
    アスエネ株式会社 気象予報士、防災士

    2023年7月29日、国連のグテレス事務総長は「地球沸騰化」という表現で人類に警告。過去にも氏はさまざまな表現で危機感を表明してきた。2023年3月20日には「気候の時限爆弾は針を進めている。」と表現。


  • ŌGIRI☆倶楽部 見習い/ BtoB企業 製品担当課長

    CO2減らしても温暖化は止まらんし、気候変動も止まらんよ


アプリをダウンロード

NewsPicks について

SNSアカウント


関連サービス


法人・団体向けサービス


その他


© Uzabase, Inc

新しい記事ページ
を表示しています

ご意見・ご要望はこちらまで

マイニュースに代わり
フォローを今後利用しますか