127Picks
Pick に失敗しました

人気 Picker
円高予想の根拠は「デフレが終わった」日本では正常化が進み金利が上昇する一方、経済が「若干弱含んできて」アメリカの金利が下がる結果、日米(名目)金利差が縮小することかと見受けられます。ただ、日本がデフレ下での円高に苦しんできたのは、実質金利(=名目金利ーインフレ率)上昇の影響です。日本では日銀がどれだけ名目金利を低く抑えても、デフレ下ではインフレ率がマイナスでしたから、実質金利でみるとアメリカを上回る時期が長く続きました。この点から考えると、日本のインフレ率が2~3%で持続するなら、政策金利や長期金利などの名目金利が、それを上回らない限り、実質金利はマイナスのままです。その場合、理論的には持続的な円高は容易ではありません。もっとも、市場は時に理論を無視して動きますから、結果は神のみぞ知る、です。
円が1ドル120円程度まで戻しても、円の実力(≒実質実効為替相場)は、日本が高度成長を果たし漸く庶民が海外旅行を楽しめるようになった1970年代初めとほぼ同じです。140円前後だと、円は日本が発展途上だったころ程度の購買力しか持ちません。諸外国、特に新興国の通貨が安くなると経済力が落ちたと評するメディアが、急激な円安局面は別として、円については円高を不安視する記事を頻繁に書くのをかねがね不思議に思っています。
 ついこの間までドル円は110円前後で比較的安定していて、リーマンショックで急激な円高が進む前とほぼ同じ水準でした。通貨の強さは国の経済の強さの反映です。今の円安が今後も続いたり、更に円安が進んだりするようでは、日本の未来は開けません。 潜在成長率がゼロパーセント台に沈んだ我が国で2~3パーセントの物価上昇が続いたら、賃金の上昇率が物価の上昇率に追いつかず、実質賃金が中長期的に下がり続けて国民が貧しくなるのは必至であろうと感じます。
榊原元財務長官が語られる通り日本経済が復活して徐々に円高が進む明るい未来を信じたくはありますが、ここ10年来の生産性の低下を補って来た高齢者や女性の活用が限界に近づきつつあるいま、相も変わらず金融緩和と財政支出に頼りっぱなしの我が国が復活することは出来るのか。
偉大なミスター円が描く未来に期待を抱きつつ、不安な気持ちは抜けません f(^^;
それでも過去四半世紀の平均ドル円水準となる110円前後よりは円安水準ですね。
個人的には人手不足によるボトルネックのインフレ要因が根強くなったと思う。ただ、10年で見れば強烈な省人化がインフレの芽を摘む可能性もあろう。
デフレが終わるなら理論的には円安が正当化されますが、キャリー重視の視点で、という話になりますね。
ミスター円のご託宣を信じて、ぜひ政府や内閣府に「デフレ脱却」宣言をしてもらい、政府・日銀が長年続けている「危機モード」のマクロ財政金融政策運営を脱するきっかけを作ってほしいところです。
ウクライナの戦争等で資源価格が高騰し、サプライチェーンが乱れたことが今回のインフレの原因です。

サプライチェーンが正常化すれば、インフレは沈静化して日本は再びデフレに陥る可能性があります。
現に、今日の日経新聞では「供給過剰が発生している」という記事がありました。

日本の世帯当たりの年収は、米国で最も貧しいミシシッピ川の世帯年収より140万円前後低いそうです。
世帯年収が現象した貧しい日本人の購買力は低下し、需要を押し下げる恐れがあります。
円安によってエアコンなどの工場はどんどん日本に回帰してきていますが、120円では生産企業の国内回帰を難しくします。
むしろ150円ぐらいのところでしばらく踊り台になるのではありませんか。
円高になるとアメリカ投資家が株などを投資をやめて、米国内に帰ることにもなります。
「為替相場は「緩やかに円高の方向に進み、今年末には1ドル=130円を切る可能性がある」と、120円台突入を予想した。」
デフレは確かに遠い過去になった感が既にありますね。。
為替年末に120円台。どうなりますでしょうか。
もはや、1ドル120円は円高の範疇と見做されるようになるのでしょうか?