新着Pick
280Picks
Pick に失敗しました

人気 Picker
たくさんのコメントをありがとうございます。今回は、多様化する新卒採用スタイルについてリポートしています。ちなみに、大学の成績を重視する傾向も最近のトレンドの一つです。
なんだか就活生をバカにしてる感が否めない…。面白いこととか革新的なことも大事だけど、なんかちょっと違和感あり。
とても良いブリーフィングなのだけど、「学生を釣る」という表現だけは許せない。怒りを感じるな。
わたしには従来の対面の面接による採用方法では「良い人を獲得できていない」という企業側の反省が、こういうバリエーションを生み出しているように感じられる。このように突飛とも思えるようなことをして大学生を混乱させるくらいなら、人事データを用いて、どういう人を採用したら、どうなったかという検証をきちんと行って、採用に役立てたらいいのにと思う。
これはとっても面白いですね~。
採用企業が「わが社には面接等で人物を評価することはできません」と堂々と宣言しているようなもので、ホンネがでていてある意味清々しいです。
顔採用は案外当たることがありますよ。
ロンブローゾの生来的犯罪者説のようなものが、近年世界的に注目されだしています。
面接官の印象よりも人相をデータ解析した方が正しい判断ができるかもしれません。
顔採用=顔が良い人を採用
コード採用=コードが読める人を採用
肉採用=肉が良い人を採用?肉の量がある人を採用?肉を読める人を採用??

本当はダメだけど、インターンが就活に直結することも多いご時世。インターンから学生の囲い込みがあるとも聞く。またその一方で、人気のない、知名度のない企業は必死のパッチ。
ある種の営業努力ですよね。ハマってるかどうかはさておき、採用に前向きな姿勢は良いと思います。
優秀な人材を獲得するのは、確率論の点から多くの出会いが必要だけど、ここまでくると人事部の最大の仕事は「落とす作業」になる。本末転倒な感じがする。
肉採用がオチになってて笑った。画一的な採用ではなく、工夫することは良いことだと思う。ただコミットすべきは採用数よりも入社後3年なり5年なりのパフォーマンスでは?とも思う。現実的に難しいだろうけどね。