29Picks
Pick に失敗しました

人気 Picker
IVSに登壇させて頂きました!

『内藤氏は「米国で起業できると思っている人は少ないが、日本人でも無理ではない」と指摘する。米国には数多くの有望なスタートアップが存在するため競争は激しいが、日本より市場が大きいため資金も集まりやすい。言葉の壁はあるが「プロダクトが優れていれば、投資家やサービスの利用者が一気に広がる可能性がある」とみる。』
洞察力を磨くために映画を見て、雑誌を読み、舞台にも行く。C向けのサービスをヒットさせる上で、多様化している顧客というより人の理解は大事だなと改めて。
Anyplace内藤さんとRobust Intelligence大柴さんによる「日本人が起業するハードルとメリット」のセッション現地で拝聴しましたが、大変面白かったです。

Robust IntelligenceはSequoiaやTigerなど錚々たるVCから出資を受けているスタートアップですが、
「Sequoiaから出資を受けていて一番よかったのは、Sequoiaのパートナーのアドバイスが他と違って特段よいとかではなく、”彼らから出資を受けているんだから大丈夫に違いない”と皆んなが思ってくれて、採用や資金調達が楽になったこと。」
と言っていたのが印象的でした。

様々な支援スタイル/方法がありますが、何よりも圧倒的な結果を出すことがVCの使命だと改めて感じました。
「洞察力」、重要ですよね。特に「現場」の「洞察力」は起業だけでなく、DXや新ビジネス検討にも必要です。
調査会社のデータを「洞察」する人も多くおられますが、本当のことはリアルな「現場」にしかなく、私も講演などを行う際には、現場を「見る」「試す」をしています。
インターネット広告事業の売上高では国内トップクラス。スマートフォン向けゲームも手がける。「Abema TV」などのメディア事業への先行投資を加速。
時価総額
5,318 億円

業績