• 特集
  • 番組
  • トピックス
  • 学び
プレミアムを無料で体験

プリゴジン氏に近い将軍拘束か=反乱を事前把握―ロシア報道

31
Picks
このまま本文を読む
本文を読む

コメント


のアイコン
0 / 1000
シェアする

注目のコメント

  • 法政大学大学院 / 機械工学専攻 NewsPicks Curationインターン

    ロシアの民間軍事会社ワグネル創設者のプリゴジン氏と関係が近いとされるスロビキン氏がワグネルの武装蜂起に関連して拘束されたと見られるとのことです。

    こちら参考まで↓
    「Russian General Arrested Following Wagner Mutiny – MT Russian」
    https://www.themoscowtimes.com/2023/06/28/russian-general-arrested-following-wagner-mutiny-mt-russian-a81685


  • 公認会計士 Fintechコンサルタント

    モスクワまで200kmのところまでほぼ無傷で進軍出来た訳ですし、ロシア軍からすればウクライナ侵攻が当初の計画より全然ダメな訳ですから、プリゴジン氏を支持する軍幹部も当然いる訳です。

    〔ロシアについては、21世紀の法秩序のルールで論ずるには無理があると感じて、戦国時代に習って分析理解しようとしているのですが、これがとてもしっくり来ます〕

    戦国時代を参考にすれば、こうやってじわじわと内部統制が崩壊してトップの統制力が低下するのが常では?


  • 某証一部企業 product marketing chief 某証一部企業 product marketing chief

    プリゴジン氏が引きずり下ろそうとしていた2人が失脚すると、拘束されたスロビキン上級大将が出世するポジションだったのでしょうか。

    関係者の利害関係相関図が欲しいところです。


アプリをダウンロード

NewsPicks について

SNSアカウント


関連サービス


法人・団体向けサービス


その他


© Uzabase, Inc

新しい記事ページ
を表示しています

ご意見・ご要望はこちらまで

マイニュースに代わり
フォローを今後利用しますか