都内大学生に地方の中小企業への就職後押し、単身者には最大60万円給付で調整

読売新聞
【読売新聞】 内閣府は、都内の大学を卒業後に地方の中小企業に就職する人に、移住支援金を支給する方針を固めた。単身の場合は最大60万円を給付する方向で調整している。東京一極集中の是正とともに、若年層への経済支援を通じて少子化対策につな
98Picks
Pick に失敗しました

選択しているユーザー
一応「地方」の括りとされる石川県で生まれ育ち、大学も地元の金沢大学に通っている学生の視点から語るなら、もっと僕たちのことも見てほしい、これに尽きます。政治も経済も、インターンシップなどの経験も全部都会に根こそぎ持っていかれて大学4年間で気が付けばもの凄い経験格差を付けられるのに就活に出ればその補助は一切なく、インターン経験はありますか?「ありません」と答えれば面接官に渋い顔をされ。僕は幸いインターン経験がありましたが、そういった声を同級生や後輩、先輩からも何度も何度も聞かされました。今は若干の是正が為されているとは思いますが、ずっと地方にいる人たちと都会で様々な経験を積んできた学生が同じ就活市場に並べられ、地元で生まれ育ちその企業とも接点があった人たちよりも都会で学生生活を積んだ人たちが優遇される未来しか見えません。(Uターン学生は別かもですが)
更に恐ろしいのはそういった経験格差が大学4年間でとてつもない差異で誕生していること、その格差によって同じ22歳でも能力値が圧倒的に違うこと、に対して「都会」の人達はとてつもなく無自覚であると言うことです。問題はこちらであると思います。

アルバイト先の社長がしているNPOのインターンも気が付けば金沢大学はおろか北陸の大学生はゼロ、全員が関西・関東の学生だそうです。北陸からの応募も無いことは無いものの、インターン経験やそのほか経験値が違いすぎる、とのことです。うまく言い表せませんが、学生版「天下り」みたいなことが起きる気がします。
人気 Picker
これはお金で解決する問題なんでしょうか…
いや、奨学金とか借りている方々にとっては解決する面もあるのか…
転職など考えた際にやはり都市と地方ではやはりキャリア格差や情報格差もあるでしょうし、地方の中小企業が都市的な価値観を持った学生が働きやすい風土になっているかという問題もありそうです。
地方に住むことに金銭的だけではなく精神的とか身体的とかなんらかの他の形でメリットが大きくなる必要がある気がします。
個人的には都心の人口密度が耐えられないので地方に拠点を持ちたいですが、都心の拠点を完全に捨てるのは少し怖いです。笑
地方の中小企業が人を惹きつけるためには、仕事や働き方の魅力で惹きつけなければ定着しません。ないよりはましですが、お金が支給されることが地方中小企業の就職先を探そうとする動機にはならないでしょうね。
お金で引っ張った縁は、お金が無くなれば疎遠になります。むしろ、特徴的な中小企業を集めて認知を高めることの方が重要です。
地方中小企業を狙って就職しようとする学生や就職先に関する情報も少ないので、移住支援金の存在すら知られない可能性もあります…。
東京に集まった人たちは集まった目的、背景が
あるわけだから、地方に就職する選択があると説いても聞く耳を持たないかも。しかし、講演で地方に行くと、こんなに条件が揃っているのかという都市を見つけることが多い。風光明媚で食べ物が美味しい、人が少ない、歓迎されるというだけで地方に住む魅力は十分だ。
お金目当てだけで、就職をどこにするのかという人生の大きな決断をするとは思えないですが、ちょっと東京に残ろうか地方ではたらこうかどうしようか迷っている・・・という人たちの背中は押してくれるかもしれないですよね。

個人的には若いうちはガッツも体力も時間も(つまりお金以外のなんでも)あるので、東京で色々勉強したり感性を磨いた若者が、地方に戻っていきなり地方で起業を目指すみたいな流れができても面白いのではないかなと。

いずれにしても、地方ではたらく、起業するということが選択肢の一つとして多くの学生が一度は検討してみる、くらいメジャーなあり方になったら素敵だろうなと思います。
都市部への人口集中は世界的なトレンドなので逆流させることはできません。

人口集中の理由として、著名人らとのリアルな出会いや同類婚の増加などが挙げられています。

衆議院議員選挙を前にした議員諸氏の地元選挙区に対するアピールだと思いますが、税金の無駄遣いは止めてほしいです。
東京圏=東京、千葉、埼玉、神奈川。場所によっては茨城や栃木の方がこの東京圏よりも都心に近かったりする…
まずは受け皿の育成が先なのでは。一部の学生には刺さるかも知れませんが、砂漠に水を状態だと思いますが。。
30代で年収500万円貰えるとこなら