• 特集
  • 番組
  • トピックス
  • 学び
プレミアムを無料で体験

ソニーの新モバイルゲーム機「Project Q」はPS5必須 SNSでは「大爆死の予感」の声も

151
Picks
このまま本文を読む
本文を読む

コメント


のアイコン

注目のコメント

  • 茨城大学大学院理工学研究科 M2

    携帯機で勝負するには任天堂があまりにも強すぎ、かと言ってハードコアなゲームを売りにしようにもSteam Deckと競合してしまう。ハードコアなゲームを携帯機に求めるユーザーはSteam Deckを買い求めるでしょう。値は張りますが。普通の携帯機では厳しい戦いになると思います。

    また、据え置き機と同等のゲームを廉価に携帯機で実現するのは不可能なので、携帯機を出したら携帯機専用にゲームを開発、チューニングしなければなりません。しかしゲームデベロッパは有限であり、魅力的なタイトルを揃えられるかは未知数。実際、PSVitaは魅力的なタイトルに乏しかった印象です。

    以上の理由から専用にゲーム開発する必要のない形での携帯機を開発するに至ったのではないかと推察します。

    案外売れるかもしれませんよ。据え置きのPS5を前提にリモート限定にすることで比較的廉価(予想)に寝転がってPS5レベルのゲーム体験ができるって、実は今まで無かった付加価値です。外に持ち出して遊ぶというよりも、室内で怠惰に遊びたい層から支持を得そう。私を含めて笑


  • 金沢大学人間社会学域国際学類/ 第二期Student Picker

    ソニーのプレイステーションシリーズはPS4の時代からパソコンやスマホ・タブレットを用いたリモートプレイをサポートしてきましたが、それとの差別化要因がハプティックがある/ないだけってどうなんだろう、と思いました(タブレットなどでもコントローラーを有線で接続すればコントローラーでプレイができます)。しかもPS5を持っていることと通信環境は必須…
    言ってしまえば「リモートプレイ専用機」ですもんね…一定のニーズは確かにあるでしょうが、スイッチやPS5ほどの「爆発的」ヒットにはならないだろうなぁ、と思います。それと同時に、スイッチのスタイルを模倣したスチームデックやGPD WIN4の予想外のヒットを受けて焦って作ったんかな?とも思えてしまいます…


  • 製造業 Marketing Manager

    PS5の周辺機器でしかないので、Switchとは似て非なる存在となる。通信環境が確立されてない場所だとプレイできないということになる。


アプリをダウンロード

NewsPicks について

SNSアカウント


関連サービス


法人・団体向けサービス


その他


© Uzabase, Inc

マイニュースに代わり
フォローを今後利用しますか