今日のオリジナル番組


詳細を確認
国への「脅威」を防ぐために
本日配信
102Picks
Pick に失敗しました

人気 Picker
これは、日本ももっと真剣に徴収しないといけないです。完全に舐められていますね。

出国時の税関検査で22年度に徴収対象となった約22億円のうち、お金を持っていないなどの理由で9割以上が徴収できていないという。

少なくとも、クレジットカードの与信枠は全て支払いに使わせないと!
諸外国が当たり前にやっていることで、当然の修正です。民間事業者に不当に重い責任を負わせる今の仕組みが余りに杜撰と気付いたからこそ腰を上げるのでしょう、たぶん。
「出国時に購入の記録はあるが、免税品を持っていなければ消費税分を徴収する仕組み」とのことですが、それが本来の現行制度であれば徴税漏れは国の責任で、転売の可能性を見落としたとの主張で販売事業者に責任を転嫁して、億円単位に及ぶ免税相当額をいわば“代位弁済”させた過去の幾つかの事例は不当な決定だろうと感じないでもありません。
「財務省によると、出国時の税関検査で22年度に徴収対象となった約22億円のうち、お金を持っていないなどの理由で9割以上が徴収できていない」とありますが「購入の記録」を出国時にどの程度調べているものなのか、些か疑問を感じないでもありません。官の不備と手抜きに目を瞑り、民間事業者は厳しく非難して取り立てる。日本の“お上”の体質を改めて感じさせてくれる事例であるような・・・
急いで改めようとしていること自体は勿論歓迎で、大いに評価しますけど。(^.^)/~~~フレ!
付加価値税導入国ではこの還付方式が標準です。
日本の輸出免税システムは事業者の事務負担が多く、不正に利用者が還付した金額を事業者が税務調査の結果で負担する必要もなくなりるのであれば、早く導入してほしいです。
他国では空港で商品を見せて還付を受ける方式だったので変更は当然。

それよりも「出国時の税関検査で22年度に徴収対象となった約22億円のうち、お金を持っていないなどの理由で9割以上が徴収できていない。」の舐められ過ぎなところが気分が良くないのではないでしょうか。
政府は「訪日客による土産品への免税制度」の見直しを検討。抜本的に見直しを行うようで「税を先払いしてもらい免税の条件を満たしていることを確認した上で事後的に還付する方式を導入する方向」のようです。転売防止の意味合いが強くあります。
政府は訪日客の免税制度を見直し、消費税を先払いし後に還付する方式を導入することを検討している。これは、不正転売を防ぐためであり、2024年度からの実施を予定している。一部の訪日客は、免税品を大量購入し、出国前に転売することで免税分の利益を不正に得る問題があった。財務省によると、出国時の税関検査での徴収対象22億円のうち、9割以上が徴収できていない​。

経済的な健全性を維持するためには、税制度は公正で透明でなければなりません。一部の訪日客が免税制度を悪用し、不正に利益を得ることは、税の公平性を損なう行為です。

しかし、これまでの免税制度はザルのように不正行為を許してきたことを考えると、政府がようやく重い腰を上げた感じです。新たな還付方式の導入は、一部の訪日客による不正転売を防ぐだけでなく、税の徴収率を向上させる可能性があります。

財務省によると、出国時の税関検査での徴収対象22億円のうち、9割以上が徴収できていないのは、これまでの制度の不備を示しています​。

この改革が成功すれば、より公正で透明な税制度に一歩近づくことになります。しかし、そのためには、還付方式の詳細な実装と適切な監督が必要です。

日本が諸外国のように還付方式を採用することで、税制度の公平性と効率性を高めることが期待できます。