303Picks
Pick に失敗しました

人気 Picker
記事の冒頭だけを見ると日本に初めて開発拠点を作るように見えてしまいますが、そうではありません。

サムスン電子は1992年に東京に研究拠点を作っており、細々と日本で研究開発を続けてきています。
現在では横浜、大阪の2つの拠点で研究開発を続けており、主に自社開発、および大学との共同研究に力を入れています。
【参考】
https://www.samsung-srj.co.jp/profile/

横浜の拠点では主に白物家電向けの研究がメインでしたが、最近は半導体向けの研究テーマも数多く扱っていました。
半導体の研究開発では、特に小さな回路線幅が要求されるロジック半導体においては高額な設備が必要となるため、大学との共同研究では思うように試作できないという課題があります。
その課題を解決すべく、自前で試作ラインを設けるのが今回の意図だと思われます。

ちなみに半導体の開発を進める上では半導体素子だけの開発、言い換えれば前工程だけの開発をしていては片手落ちであり、ワイヤ配線、接合、封止などの後工程や、製品への落とし込みに際して必要となるプリント基板向け技術など、様々な要素技術開発をすり合わせる必要があります。
横浜周辺にはこれらの要素技術を持つメーカーが多いため、素材、装置企業との共同開発にはうってつけだと感じます。

TSMCは主に前工程を重視して拠点設置場所を選定していますが、サムスンは後工程、製品設計までを見越した研究開発立地場所選定をしていると感じ、今後の差別化がどうなされていくかに注目したいです。
試作ラインの設置なので、規模は大きくないと思いますが、とりあえずファウンドリーを作るのだと思います。サムスンは、ファウンドリービジネスでTSMCと張り合っていますので、メモリではないでしょう。
まず試作ラインで様子を見て、うまくいきそうなら、量産ラインに拡張すると思います。日本で工場を作るのは、やはり自動車向け、それも自動運転など、微細化が必要な製品向けでしょう。
高機能部材の宝庫でしか出来ない積層型の半導体でしょうかね。3次元LSIが可能だとしたら日本しかないという話はあります。TSMCは既に2ナノの設計事務所を大阪に開設していますし、地政学的優位性もあり、この追い風は活かさないといけませね。
「かつて日本の半導体産業は世界シェアで5割を占めた」、「1990年代半ば以降は米国企業の復調に加え、韓国や台湾の製造企業が躍進」 (@@。
1980年代初めころ、日本の半導体は5割どころか世界のシェアの70%を占めていた筈です。一人当たりGDPが米国を抜く世界第4位に躍りでて、電気産業、自動車産業、銀行業等を中心に時価総額ランキング世界トップ50位のうち34社を日本企業が占め、ニューヨークのマンハッタンのタイムズスクエアの中心に聳える広告の大部分が日本企業に代わる平成元年(1989年)に至る過程で米国から強烈な圧力が掛かって日米貿易摩擦が起きました。なかでも半導体を巡る米国の圧力は強烈で、民間企業が作って“カバンに詰めて持ち運ぶ“ことさえ出来る半導体に常識的に考えれば守れる筈の無い数量規制が求められ、違反したと称して更に米国から圧力が掛かる事態になりました。米国はたぶん、計算づくでこうしたことをやったのだろうと思います。
プラザ合意で進む円高に対処するため我が国は金融を緩和し、輸出拡大を望む米国が内需拡大を求めるなかで80年代後半のバブルが起き、1989年末に日経平均株価が3万8915円の史上最高値を付けた記憶は、当時、銀行の國際企画部門から企画部門を経て投資顧問会社を設立してその日を迎えた私には強烈です。そして1990年に日経平均株価と土地が下落を始め、不良債権を抱えた銀行が融資を絞り、日本企業の手が縮んで職を失った半導体等の技術者が高給と高処遇につられて韓国、中国等の企業に引き抜かれて行きました。銀行の業務開発部門に移って電器メーカーさん等とお付き合いがあった当時40歳代私の私は、このまま行くと日本は成長力を失って大変なことになると随分気を揉んだものでした。
爾来四半世紀余り、当時抱いた危惧は現実のものになりました。外国企業が日本に進出して日本をベースに世界に飛躍してくれるのは日本経済にとって大いに有難いことですが、日本の衰退過程を働き盛りで眺め続けた私には複雑な思いが残ります。こうした動きを上手に捉えて我が国が再び世界に雄飛する日が戻るよう念じる思いです。日本経済が米国さえも脅かす世界に冠たる存在だった時代が僅か四半世紀ちょっと前にあったのです。今回のこの話、喜ぶべき動きではありますが、隔世の感があるのも事実です (・。・;
サムスン電子が日本に半導体開発拠点。台湾企業に続いて韓国企業が日本の半導体技術の向上に寄与してくれる。ありがたい。これまで韓国サムスン電子が避けているように見えていたから。でも三百億円はサムスンのふところを考えると意外と少ない。三千億円でもおかしくはない。
既報の続報なのかな。
『サムスン電子、日本に半導体の試作ライン検討 後工程の先端技術開発=関係筋』
https://newspicks.com/news/8289006?ref=search

日立ハイテクとアルバックは韓国に開発拠点を建設しようとしている。
半導体材料と同じように、韓国企業の恩恵は大きくても、日本政府としては良い状況とは言えない。
客のそばに行かれるよりは、客がそばに来てくれたほうが良いと思うけど。

Samsungの受注を獲得出来れば大きい。
技術流出に関してはTSMCも同じ。
Samsungが日本に来るなら共同開発したい企業は結構ありそうだが。

求人情報を検索したら一週間前くらいから出ている。
LinkedInにもあった。
『日本サムスン株式会社/【横浜】半導体前工程製造装置開発※年齢不問・中核人物の採用/サムスンGの求人情報 - 転職ならdoda(デューダ)』
https://doda.jp/DodaFront/View/JobSearchDetail/j_jid__3008015412/
外国企業に補助金を出すのはいかがなものかと思いますが、サムスンの半導体拠点が日本にできるのは大歓迎です。

雇用だけでなく、日本企業との連携が深まりますから。

日韓首脳会議で話が出来上がっていたのでしょうね。
今、半導体の世界は5Gの先を見据えた時に、より集積度をました製造技術が必要だなる事は明らかであり、その過程において、現在のFin型からGAS型と呼ばれる構造の半導体にシフトすべくしのぎが削られているそうです。そのために、日本の半導体産業が世界の動きをキャッチアップして、さらに優位な立場を確保するには今がラストチャンスと言われていて、経産省はそのための基本戦略と予算をつけ、さまざまな取り組みを進めており、TSMCの誘致はその取り組みの一つです。

https://www.meti.go.jp/press/2022/11/20221111004/20221111004-1.pdf

そしてGAA型技術に於いて先行するために、LSTC(研究開発拠点)が立ち上げられ、その採択先が、ご存知のRapidusです。
先端半導体の製造シェアにおいて圧倒的なシェアを持つTSMCは、台湾の戦略的産業を牽引する企業ですが、軍事侵攻の意図を隠さない中国の脅威を避ける意味でも、軍事的支援を表明している米国に製造拠点を作り、歴史的に繋がりの深い日本からの秋波にも答えたのでしょう。

世界を席巻するTSMCがこのような状況下にある中、一方で次世代半導体でグリップを握ることの重要性は、各国もよくわかっている。EUの力を入れていますが27カ国もあるから一枚岩になれない。米国は設計においては先行するが、製造においてはそうではない。そう考えた時に、予算額はまだ不十分と揶揄されながらも、前に進む意思統一が比較的明確に示されているのは、腐ってもGDP世界三位の日本なわけです。なので、本格的に動き出した時に乗り遅れないように、先端半導体の製造においてはTSMCの後塵を配しているサムソンが足場を日本にも作っておこうと思う事は不自然ではないと思います。

私は、この業界の専門家ではないですが、周辺の情報を組み上げるとこのような理屈が成り立つなと思ったのでコメントさせて頂きました。
ついに韓国の企業が安い人件費を目当てに、日本に開発拠点を作るようになったんですね。
時代は変わりました。
外資の企業のほうが、日本の企業より高い給料を出すと思うので、いい人材はみんな外資で働くようになるのではないでしょうか。
日本も私のいるフィリピンのようになってきました。
確か、Appleも横浜にテクノロジーセンターを運営しています。
地理的に羽田空港に近いからだと理解していました。

サムソンは何故横浜だったのか?
誰かご存知ならば教えてください!
Samsung Electronics is a diversified electronics conglomerate that manufactures and sells a wide range of products, including smartphones, semiconductor chips, printers, home appliances, medical equipment, and telecom network equipment.

業績