• 特集
  • 番組
  • トピックス
  • 学び
プレミアムを無料で体験

ファースト・リパブリック、戦略的選択肢検討-予想超える預金流出で

Bloomberg.com
33
Picks
このまま本文を読む
本文を読む

コメント


のアイコン

注目のコメント

  • badge
    日本金融経済研究所・代表理事 経済アナリスト

    ファースト・リパプリック預金41%減少。こうやって財務状況が懸念だと周知されていること自体に意味・価値があります。なぜならば、シリコンバレー銀行の破綻は「突然死」だったからです。シリコンバレー銀行の破綻を教訓に財務状況懸念がある銀行を事前にみんなで助け合う動きが起きました。具体的には、3月17日に発表された、米大手銀行11行が協力し合うという、異例の支援です。JPモルガン・チェースやバンク・オブ・アメリカなど大手銀行11行が中堅銀行ファースト・リパブリックに対して合計300億ドル(約4兆円)を預金すると発表しました。これ、どういうことかというと。米国内で、中堅銀行からの預金が流出して、大手銀行に一部預金が集まる動きがあります。信用不安の拡大により、国民の考えとしては大手銀行の方が安心だとの心理が働くわけです。ただ、この動きが加速すると、正常なハズの中堅銀行のバランスシートが傾くことで破綻する可能性を否定できません。大手銀行としては、金融システム全体の安定を計るためにも、中堅銀行を破綻させない事を望みます。そこで、大手銀行から中堅銀行へのドルの供給を行い、国内でドルの循環を作っています。


  • badge
    株式会社ミンカブ・ジ・インフォノイド 東G(4436) 副社長 COO

  • badge
    トパーズキャピタル 取締役会長

    古典的な預金流出ですね。原因は色々あるのでしょうが、必ずしも論理的な理由だけでもないかもしれません。これは、日本にとって対岸の火事と考えて良いのかどうか?


アプリをダウンロード

NewsPicks について

SNSアカウント


関連サービス


法人・団体向けサービス


その他


© Uzabase, Inc

マイニュースに代わり
フォローを今後利用しますか