新着Pick
503Picks
Pick に失敗しました

人気 Picker
スンゴイ長文を直書きして投げ込もうとしたら「投稿失敗」と出て一瞬で消えた。。。
私の30分は何処に行ってしまったのか〜・・・

ああ今日は低欲望で一日過ごそう。
そして後日この件について別の場所に纏めてから再投稿しよう・・・
そうしよう(><

<追記>
なんとNPスタッフから「サルベージできました〜!」ってお知らせが届きまして、低欲望な一日を過ごすの止めることにしました!!!やるぞ〜〜〜っしゃ〜〜〜!!

ということで、超ロング?で入りきらなかったコメントは↓でお楽しみ下さい。
https://note.mu/enzosan/n/ndce60809087b
多くの企業がシニア需要を取り込もうと、必死で手を打っていると思います。刑事ドラマばかり流すテレビ局の高視聴率、年金支給日に「5%オフ」のCMで集客するスーパー、シニアの昼間のたまり場を目指すファミレスなどなど。全部シニア争奪戦ですよね。
>
「今、60歳以上の人たちの消費が45パーセントになっています。実は、ここに焦点を当てている会社は少ないんです。」
昨年アメリカで一番売れた薬は大塚製薬のAbilify、5位は塩野義が発見したクレストール。これらは十分イノベーションの定義に値するものだと思うんだが、なぜかこういう識者はそういうのを都合よく無視する。日本でなぜイノベーションが生まれないのかより、なぜ日本のイノベーションを無視するのか知りたい。
最近こういうタイトルの記事毎日見てる気がする。。危機感、実行力、勇気、やる気、無知、全てでもっとアクティブになる必要があると思います!
根拠がない部分は多いが(ammennilさんのAbilifyなどの指摘は知らなかった、ありがとうございます!)、ただ世代間の捉え方は一定合っていると思う。
戦後は必死さがあった。高度経済成長を経て離陸して、いい会社に入れば安定と思って受験戦争があった。良い大学・良い企業への就職がゴールだった時代があって、でも気づいたらリストラがあった。
若い人のアンビションがあるか?大前氏が行っているアンビションかはわからないが、人生を充実させたいというアンビションや、昔のモデルでは駄目だという理解はあると思う。それはバブル崩壊によってモデルが崩れるのを見た、一種危機感の部分もあるだろう。マクロ的な人口減とか気になる部分はあるが、ミクロなアンビションやイノベーションは、個人的には結構楽観視している。
行動に移せないんだよな
社会人なら働く環境、学生なら学ぶ環境、これらが重要になってくる。くだらないしがらみやルールは一般的な会社より少ないから、幸いにも欲がないなんて状況には置かれない。最近あったリクルートさんの記事じゃないけど、でなにやりたいの?っていつも部下には問うてます。じゃないと仕事なんてつまんないし、成長しないよ。
いやもう、イノベーションとか今の人たちも親の世代も求めてないでしょう。低成長を甘んじて受けようってオーラがムンムンしてる。国への期待はほぼないから、自分や会社を通じてなんとかしないと。
さすがに文字になってしまう記事では書かれていないけど、大前さんがよく言っている「インポ社会」。すごく分かりやすい構造だと思います。しかしながら、一部、お金と時間を持て余している世代がある。そこに注目していかないといけないというのは間違いない。
マクロ経済を抜きにして語るとどうしてもこういう論じ方になってしまうのかなと思ってしまいます。
デフレで低体温症になるよりもゆでガエルにならない程度の温浴に浸かりたいものです。
マッキンゼー・アンド・カンパニー(McKinsey & Company, Inc.)は、シカゴ大学経営学部教授のジェームズ・O・マッキンゼーにより設立された、アメリカ合衆国に本社を置く大手コンサルティング会社。ドイツポストの経営権を握っている。米国、欧州、アジア、南米、東欧など世界60カ国に105以上の支社を持つグローバルな戦略系コンサルティングファーム。 ウィキペディア