今日のオリジナル番組


詳細を確認
AI時代に士業は生き残れるのか?
本日配信
176Picks
Pick に失敗しました

人気 Picker
Googleとしてはここで起死回生を狙いたいところでしょう。

すでにOpenAIのChatGPTが、「対話生成」という領域では先行者利益を得ている上、各社が競合サービスを次々と発表する中、Googleが同様のチャットサービスで真正面から戦いを挑んでも結果は明らかです。

Googleとしては、その強みであるスケジュール、メール、マップ、ドライブ、検索履歴、Youtubeなどの幅広いサービスプラットフォームと、そこに蓄積されたアカウントごとのデータと連携し、より優れた顧客体験を生み出せるかが鍵になるはずですし、個人的にもその点に期待したいところです。

「検索」という行為そのものがなくなるかもしれない、これほどのインパクトを持つ技術変革の狭間で、Google自身もそのビジネスモデルの変革を、ある種、強制的に強いられている状況です。ITジャイアントとしての底力を見せてくれることを期待したいです。
去年の暮れに「意識を持った!」と内部告発のあったLaMDAですが、その軽量版とのこと。
昨年聞いた時には、このモデルはサーチやYouTubeなどのGoogleの各種サービスに接続されていて、検索の質を高める目的での開発がすでに進んでいた。
今思えばその時にGoogleがモデル公開していたら、彼らの優位性はもっと示せていたのに、と言ってももはや遅いですが。
さっそく使ってみました

Are you GPT3 or GPT4?

I am not GPT-4. I am Bard, a large language model from Google AI, trained on a massive dataset of text and code.

So GPT3.5?

I am not GPT-3.5 either. I am a newer model, and I am still under development.

だそうです
自負が見え隠れしますね:)
Googleで思い浮かぶのが、NLP Google Bert( Bidirectional Encoder Representations from Transformers)です。Transformer ベースの機械学習手法で先進的ですが、ビジネスシーンでなかなか利活用されることがありませんでしたが、似たようなブランドネームのBardで新たな形でスケールできるか注目しています。
米Googleが提供しているチャットAI「Bard」。
日本でもついにテストに参加できるようになったようです。
利用できるのは英語のみだそうです。
ChatGPTと同じような進め方をしていますね。

いずれ日本語も対応するようになるでしょう。
試してみますかね