• 特集
  • 番組
  • トピックス
  • 学び
プレミアムを無料で体験

習氏がマクロン氏を2日連続でおもてなし 対米にらみ異例の対応

朝日新聞デジタル
10
Picks
このまま本文を読む
本文を読む

コメント


のアイコン

注目のコメント

  • 公認会計士 Fintechコンサルタント

    マクロン大統領は、電話好きとも聞いていますが、要は社交的な性格なのでしょう。
    外交で一緒にごはんを食べることは、やはり重要だと思います。

    習近平氏、プーチン大統領とは最近会食しているのでしょうか?ニュースではあまり聞かないプーチン大統領の会食イベント。


  • 無職

    NATOでの米国の横暴ぶりに辟易しEUでドイツ一人勝ちに困っているフランスが中国の一帯一路構想に活路を見出すのは時流の流れから言って当然だろう。ただしフランは馬鹿ではないし強かなので当然中国一辺倒の一本足打法で外交を行うことはない。ナイーブな日本の報道はほのぼのとしていて緊張感が足りなすぎ。


  • メイヤー・ブラウン法律事務所 NY 弁護士

アプリをダウンロード

NewsPicks について

SNSアカウント


関連サービス


法人・団体向けサービス


その他


© Uzabase, Inc

マイニュースに代わり
フォローを今後利用しますか