• 特集
  • 番組
  • トピックス
  • 学び
プレミアムを無料で体験

マリン首相の与党、第3党に=保守勝利、政権交代へ―フィンランド総選挙

39
Picks
このまま本文を読む
本文を読む

コメント


のアイコン

注目のコメント

  • badge
    静岡県立大学国際関係学部 准教授

    選挙結果は、国会(一院制)の200議席のうち、
    国民連合党 48
    フィン人党 46
    社会民主党 43
    中央党 23
    緑の連盟 13
    左派連合 11

    フィンランドの議会は、従来から中小政党が乱立して、単独過半数を取る政党がありません。
     社会民主党、国民連合党、もしくは中央党が第1党となり、連立を組んで、政権を構成してきました。

    近年、フィン人党(真のフィン人)が躍進し、今回の選挙ではこれまでで最大の議席を得ました。
     フィン人党の主張は、反移民、難民拒否、フィン人だけのための福祉国家、です。

    これまでの例だと、国民連合党が第1党の場合は、社会民主党と連立することはありましたが、フィン人党との連立はありませんでした。


  • 毎日新聞 ニューヨーク支局専門記者

    報道によればマリン首相の個人的な人気は依然として高く、フィンランドにおいて歴史的な転換となるNATO加盟も評価されていたものの、鍵を握ったのは経済政策だったようです。右派ポピュリスト政党のフィン人党が過去最高の得票率となり、TikTokなどを利用して若い層への浸透を図ったとされます。連立のゆくえに注目


  • Public Meets Innovation代表理事 /シェアリングエコノミー協会代表理事 代表

    34歳の若さで首相に就任以降、新型コロナ禍やロシアのウクライナ侵攻など前代未聞の危機を乗り越えてきたマリン首相が敗北。
    右傾化に加え、世代の壁は否めない。


アプリをダウンロード

NewsPicks について

SNSアカウント


関連サービス


法人・団体向けサービス


その他


© Uzabase, Inc

新しい記事ページ
を表示しています

ご意見・ご要望はこちらまで

マイニュースに代わり
フォローを今後利用しますか