• 特集
  • 番組
  • トピックス
  • 学び
プレミアムを無料で体験

ロシア、ICC検察官を捜査=逮捕状に対抗、裁判官の赤根氏も

75
Picks
このまま本文を読む
本文を読む

コメント


のアイコン

注目のコメント

  • badge
    静岡県立大学国際関係学部 准教授

    ICCというのは国連の機関ですが、国連の機関というのはユニセフとかユネスコとかもそうですが、世界各国が金と人を出し合って共同で運営しています。
     ICCに金を一番出しているのは日本です。
     そのため、ICCには常に日本人の裁判官がいます。

    ロシア政府の検察が、ICCの検察官や裁判官に対する令状を出した訳ですが、容疑は、
    ・無実の人々(プーチン大統領ら)を陥れようとした容疑
    ・政府首脳ら(プーチン大統領ら)に危害を加えようとした容疑
    とのことです。

    ロシアの警察がオランダや日本までICCの検察官や裁判官を捕まえに来るとは考えにくいですが、これらの検察官や裁判官がロシアに入国すれば、逮捕されるでしょう。


  • badge
    メディア・コンサルタント フリーランス

    そりゃ自国の指導者が戦争犯罪人の烙印を押されたのですから、ロシアも報復措置はとるでしょう。しかしプーチンは130カ国以上のICC加盟国には行けないのに対し、ICC検察官はロシアに入らなければいいだけ。ただしプーチンは国外であっても平気で暗殺を行いますから、警護はしっかりやるべきです。


  • 日本AMサービス 代表

    圧力には圧力をですね

    本人達からしてみると本当に怖いと思います

    このタイミングでプーチン逮捕状を出させたのは

    一体誰で何のために行ったのだろう


アプリをダウンロード

NewsPicks について

SNSアカウント


関連サービス


法人・団体向けサービス


その他


© Uzabase, Inc

新しい記事ページ
を表示しています

ご意見・ご要望はこちらまで

マイニュースに代わり
フォローを今後利用しますか