新着Pick
88Picks
シェアする
Pick
Pick に失敗しました

人気 Picker
日本は現金しか使えない店多すぎ。小銭もジャラジャラ
Fintechはまだ知る人ぞ知るというニッチな世界ですが、すでに海外の金融大手はFintechのイノベーションを自社の事業に取り込む動きを加速しています。日本でも大手の金融機関が積極的にスタディーを始めている状況。2020年に向けて成長が加速する分野として注目です。
実は、日本のATMの4台に1台しか外国人にとっては使えないとは…。びっくり。逆も真なりだが。
FinTechは日本では始まったばかりというイメージですが、個人的に様々なサービスを利用させて頂いている状況で、満足度は高い。これからは、小売店側にどれだけ導入が進むかが大きな課題だと思う。国の政策としてここに補助金を出したりするということはいいのではないかと思います。
あらゆる分野で2020需要のドミナンスを取りに行くD通のエネルギーは圧倒的
まずFinTechの説明が必要では?
株式会社電通国際情報サービス(でんつうこくさいじょうほうサービス)は、日本のシステムインテグレーター(ユーザー系)。電通グループの一員である。創業社長は大竹猛雄。電通初の外資との合弁会社である。設立時は、当時としては先進的であった世界的規模のコンピューターネットワークによる遠隔情報処理サービスを主業務としていた。 ウィキペディア
時価総額
779 億円

業績