174Picks
Pick に失敗しました

人気 Picker
疑問点1
この記事の
「マイクロモビリティ推進協議会が
議員連盟に報告した数値」
の出展元となる
「マイクロモビリティ推進協議会
「道路交通法施行に向けた業界の取組について」(2023年1月)」
と言うのが探しても見つからないのですが、非公開なんですかね?

以下にも掲載無いです。
マイクロモビリティ推進協議会ホームページ
https://www.micromobility.jp


疑問点2
2022年4月の道路交通法改正のインプットになったと思われる
「多様な交通主体の交通ルール等の 在り方に関する有識者検討会報告書」令和3年12月
https://www.npa.go.jp/bureau/traffic/council/saisyuhoukokusyo.pdf
なんですが、
免許不要の根拠の1つとして、

2.4 電動キックボード走行実験(p.37-44) 埼玉県警実施
が挙げられ、
結論として
「②ウの採点結果をみると、運転免許を受けている者と受けていない者との間で、一部の項目を除き、運転者の運転行動に全体的には大きな差はな いと言うことができる。
個々の違反行為では大きな差が生じているものもあるが、これらはもっ ぱら交通ルールに関する知識の差が要因となっているものと考えられる。」
と、結ばれてるのですが。

その②ウは、
50人延べ違反点数
免許あり 36,585
免許なし 120,665
1人あたり違反点数平均
免許あり 731.7
免許なし 2,413.3

となっており、どう見ても大きな差なんです。

そもそも免許なしの人だと交通ルールに関する知識が足りないと言うなら、免許必要って話になると思うのですが。

論理的に破綻してるとしか思えないのですが、なぜ?
電動キックボードについては政府内でも「行き過ぎた規制緩和」という声があるのも事実です。私自身も新ルールの運用にはまだまだ追加の施策が必要だと思っています(もしも現代に突然「自転車」が発明されたとしても同じ議論が必要ではあるのですが)。

EBPM(エビデンス・ベースト・ポリシー・メイキング。証拠に基づく政策立案)という言葉が注目されていますが、この事例でも実証実験などの「データ」が重要視されて議論されてきました。
これから電動キックボードが規制緩和されるにあたり、実証実験では取れなかったリスク(悪意ある運転や飲酒運転など)への対応を急ぎながら、徐々に社会実装されていくことが求められます。
「規制緩和先にありき」ですね。電動キックボードのノーヘル、免許要らずを推進したかった経産省とシェア事業者。

混合交通の中で、立ち乗り、一部を除くサス無しの不安定な乗り物が闊歩する。道交法を知らない人が車道を走る。保安基準を満たさない車両もたくさんある。

歩道を危険走行するなど、自転車に対するルールもなし崩しの中、新たな不安要素が増します。
規制緩和論者は、電動キックボードの視線しか言いませんが、他者からどのように見えるのかを考えなければなりません。

電動キックボードは対歩行者、対四輪車にとっても危険な乗り物です。なぜ「ノーヘル、免許不要」を強行したのか。いまだに理解できませんね。

最近は歩道を電動バイクが走っているのを見かけるようになってきました。音もなく後方から追い抜かれるとビックリします。

蛇足
この記事に「コメント求める」のメールが飛んでこなかったような。見逃しなら申し訳ございません。今ごろ記事に気づいたのでコメントしました。
「なぜ自転車ではなくキックボードなのでしょうか」 (@@。
いま自転車なり電動自転車なりが発明されて日本に入ってきたら、たぶん、邪魔だとか危ないとか言われて道路運送車両法で厳しく規制され、今の姿で公道を走ることはたぶん禁止されていたでしょう。バックミラーがついて方向指示器がついて、世界の中で日本だけ、自転車に乗るのに運転免許が要る、なんてことになっていたのは必定だろうと感じます。
「電動キックボードの業界団体であるマイクロモビリティ推進協議会」の真の勝因は、電動キックボードを自転車並みに走らせろと求めずに、データを元に新たな法律を作って規制対象にすることを求めたところにあるんじゃないのかな (・・?
規制好きなお役所は新たな法律で利権が生まれる可能性を感じて喜びますし、安心・安全に拘る国民も納得し易いに違いない。「なぜ自転車ではなくキックボードなのでしょうか」という問いに対する答えが多少窮屈そうに見える背景に、浸透過程を巡るそうした違いがありそうに感じます。
こうした感覚と動きが未法領域での挑戦を妨げて日本のイノベーションを遅らせるように私なんぞは感じてしまうのですが、それが日本のお国柄、かもね・・・ いずれにしても、日本で走れるようになって良かったですね。都内で見掛けた電動キックボード(ナンバープレート・バックミラー付きで運転免許要)と電動自転車(何の制約もなし)のシェアのアプリを入れたら30分無料のクーポンがついたので、安全に気を付けて、一度乗ってみようかな (^^;
ここで取り上げられている電動キックボードに限らず「ルール改正」や「規制緩和」が起きると賛成・反対の意見が飛び交います。また、賛成であっても「拙速だ」という意見や、逆に「遅きに失した」という批判を受けることもあります。ただ、こういうものは、たいがい何年もかけて議論が重ねられ、政府の中での所定の手続きを経て決定され、さらに法改正が必要なものでは、国会での成立から一定期間を経て法の施行となり、その時点で法改正と認識されたりしています。そのプロセスは、公開されている場合がほとんどですが、そこを丹念に追いかけている人は事実上いないに等しいので、多くの場合で「ルール変更」は唐突感を持って受け止められるものです。
毎年、年末に政府が公表する「改革工程表」を見ると、必ずしも全ての政策分野が網羅されているわけではありませんが、かなりの分野の動きを俯瞰することができます。
興味のある方は、ご自分の関心のある分野だけでもざっとご覧になるといいと思います。
・改革工程表2022
https://www5.cao.go.jp/keizai-shimon/kaigi/special/reform/report_221222_2.pdf
お酒を飲んだ人がタクシー代節約のために、酒気帯びで乗って事故なんておこさないといいけどなあ、と思っていたのですが、
ハンドルにアルコール検知機能を付ける設計は簡単なこと、と羽生田プロピッカーのご指摘を得て安心しました。

NewsPicksのコミュニティチームでは、引き続き、このニュースやこの記事についてより深く知りたい!という時、#教えてプロピッカー、#教えて編集部などとハッシュタグをつけてご質問頂けましたら、その中からピックさせていただきました質問について取材を代行する取り組みを続けて参ります。皆さま、どうぞ、ご質問をお寄せくださいませ!
海外で普通にできていることを解禁するのに、4年かけて実証して議論しても、「急な法改正」とされる日本。規制が重く硬直的な状況を打開する構造改革に先人は汗をかいたが、いま若い層が保守・守旧に回っている構図がふしぎ。
これは、コメント欄で新たに出てきた疑問に回答する記事の作成を求めたい展開。また海外の普及は、単に普及したのではなく、規制の緩和と強化が行われている。
自転車に比べた優位性に追加で考えられることとして、オシャレ着やスカートでも乗れる点があると考えます。キックボードであれば、スカートがチェーンに挟まる危険や下着が見えてしまう危険がありません。また服にシワがついてしまうのが嫌な人にとっても利用しやすい乗り物であることを感じます。
2月17日(金)に放送された「ガイアの夜明け」で電動キックボードの新しい取り組みが特集されていたのを見たあとだったので、より身近な話題だと感じました。

観光という大きい括りでのインバウンド需要・高齢者社会等、多様な課題に対して移動手段を「面」と「点」の両面を俯瞰することは容易ではなく、移動手段の一つである電動キックボードの法規制整備は、利用シナリオがスケールするための重要なステップになると感じます。
この連載について
皆様にコメント欄でお寄せいただいた【#教えて編集部】や【#教えてプロピッカー】の問いに対して、記者や専門家が深掘り考察して返信するコーナーです。皆様のご質問、お待ちしております(#教えてシリーズの概要・質問方法は各記事をご参照ください)。