6Picks
Pick に失敗しました

人気 Picker
おそらくだが、自動車生産が占める比率が大きく、そこの生産活動が記事にも触れられている半導体不足などで影響を受けているから。
自工会の数字を見ると、2019年は乗用車の生産台数は833万台だったが、2020年は696万台、2021年は662万台で、2022年は10月までで533万台(年換算ペースで640万台)。

金融危機前後では、円高の進展と、新興国の経済成長なども背景に現地化が進められた。ただ相対競争力という観点では、新興国の人件費などが上がり、また産業の高度化なども背景に、個人的には多少日本に揺り戻しがあってもいいのではないかと思っている。
偏り過ぎると為替影響が大きすぎるが、一定の現地化があれば、安定的な開発・生産環境という観点でのメリットはある。それを実現していくべく、企業だけでなく大学など人財供給・研究活動も戦略的にできるか。
経済安全保障や脱炭素など新たな潮流に合わせた立て直しが焦点に。