93Picks
Pick に失敗しました

人気 Picker
これはとても大切なことですが、
「人材不足が常態化、一部では構造的な問題になっているという。たとえば、耐久財製造では、スキルを持つ人材のすべてを吸収できたとしても、埋められるのは全求人のうち半数ほど。」

これが日米の構造の違いです。
日本でこういう記載をあまり見ません。医師、保育士、教員などは別として。

要は、アメリカは「スキルを持った人をアサインする」、日本は「アサインしてから育てる」ということです。それがジョブ型とメンバーシップ型の違いの一つ。そういう意味で、本来は日本は変化に強い国でもある。

ただ、日本が抱える問題に解雇規制や既得権益がある。
たとえばライドシェアを解禁するとタクシー運転手で失業する人が増える。

日本はこれを守る傾向にある。
欧米では、失業しても職業訓練の仕組みや公的な支援が充実しているから、「リスキリングして別の仕事につかせる」ことができる。だから時代に合わせて今必要とされる業種などに労働力が適切に移動する。

そういう意味では、リスキリングだけでなく、日本も解雇規制などを含めた社会としてのパッケージ、エコシステムが見直されるべきタイミングだと思います。

岸田さん、新しい資本主義と風呂敷を大きく広げるなら、それくらいやってよ。(それも別に新しい資本主義じゃないけど)
全体的に「人手不足」というのは、よく報じられていることです。
大手のテック企業が人員削減に動いているだけ。

とはいえ、大手テック企業で高給を貰っていた人たちが飲食店の店員になるとは考えにくいです。

日本も、雇用調整助成金で事実上失業している人たちが200万人以上いると言われていますが、飲食業や介護は人手不足です。
人材不足と高齢化の農業などにおいての継承の問題も、様々な企業や新規事業に携わる方において認識されていると思います。
反面、そういった未来に対する想像力と打ち手を感じ、これからの人材に向けて準備している人との乖離も心配です。
Amazon is a leading online retailer and one of the highest-grossing e-commerce aggregators, with $386 billion in net sales and approximately $578 billion in estimated physical/digital online gross merchandise volume in 2021.
時価総額
260 兆円

業績