• 特集
  • 番組
  • トピックス
  • 学び
プレミアムを無料で体験

ポーランドのミサイル 米大統領 “ロシアからとは考えにくい”

NHKニュース
241
Picks
このまま本文を読む
本文を読む

コメント


のアイコン
0 / 1000
シェアする

注目のコメント

  • badge
    静岡県立大学国際関係学部 准教授

    ポーランドの現場に落ちていたミサイルの残骸から、S-300対空ミサイル発射装置から発射されたことは確定

    S-300は、ソ連製であり、ロシア軍もウクライナ軍も使用している

    しかし、このミサイル(5V55シリーズ、1980年代製)の射程距離は、最大でも90kmである。ポーランドの現場は、ベラルーシの最も近い国境からでも120km離れている。ロシアとの国境はさらに遠い。
     ロシア軍が、一番近くにいるとしても120km以上遠くである。

    したがって、ロシア軍が発射したミサイルではなく、ロシア軍がウクライナ西部に撃った(より射程距離の長い)ミサイルをウクライナ軍が撃墜しようとしてS-300で対空ミサイルを発射し、それがポーランド側に落下したものであろう。
    という推論ですね。


  • badge
    朝日新聞 GLOBE+編集長

    確かにロシアとしては苦戦が伝えられる中、さらにNATOまでを直接的に敵に回すようなことは合理的に考えて想定しづらくはあります。

    ただ、ポーランドに被害が出たことは確かなので、今後この一件がウクライナ、ポーランド、NATO、ロシアとの関係で何らかの影響がある気もします。

    いずれにろ現時点では推移を注視します。


  • badge
    TBSテレビ 報道局 総合編集センター長 兼 報道コンテンツ戦略室長

    バイデン大統領は「軌道を考えれば、ロシアから発射された可能性は低い」と述べています。軌道という発言から、衛星やレーダーによる補足情報の分析を行っているものと思われ、アメリカ側からは慎重な発言が続いています。いまの解析技術をもってすればインテリジェンスも含め解明できると思いますが、ウクライナ領内からの迎撃の流れ弾なのか、隣国ベラルーシ側からの可能性はないか…ウクライナから見て西部国境近くという現場位置を考えると、発射地点も限定的ではないでしょうか。今後の展開によってロシアを巡る環境は一層変わると思います。


アプリをダウンロード

NewsPicks について

SNSアカウント


関連サービス


法人・団体向けサービス


その他


© Uzabase, Inc

新しい記事ページ
を表示しています

ご意見・ご要望はこちらまで

マイニュースに代わり
フォローを今後利用しますか