新着Pick
254Picks
Pick に失敗しました

人気 Picker
「大丈夫です。ほったらかしにしてください。」
中野さん、ナイスな回答!
この一言の中に、複利の効果のエッセンスが込められています。
いまだに、毎週全国を廻り、個人投資家との対話を重ねている
中野さんならでは、の答え方です。
中途半端な知識で頭でっかちになっている人だと、ここで計算式を取り出してとうとうと語り始めるところですが、それをやると多数の一般の人が投資は難しいものと思って去って行ってしまう。
語り手の自己満足で人は動かない、ということがよくわかっている人の、シンプルな回答です。
分散投資ができているインデックス投資信託であれば、ほったらかしで長期投資できますね。個別株やアクティブ投資信託だと、大丈夫かどうか日々見ていないといけないですけどね。
ほったらかしでもいいのですが、その投資から学べることは沢山あります。
だからほったらかしでは勿体無いと思います。
因みにこの中野さんの本で、中野さんとの対談が収録されています。
熱いです。
自ら決めた投資姿勢を貫くために必要であれば「ほったらかす」というのもありだと思う。とにかく投資姿勢を崩すことが最も避けなければならないこと。何事も中心軸と肚が大事。
つみたては年月が経てば経つほどその効果を実感できます。
必ず相場は上下しますし、低リスク(価格の振れ幅小さい)のものでも運用効果も必ず出てきます。積み立てていること忘れるくらい生活費に影響のない範囲で中長期で積み立てられるのが理想だと思います。
>大丈夫です。ほったらかしにしてください。
株式会社クレディセゾン(英語: Credit Saison Co., Ltd.)は、日本のクレジットカード会社である。 かつては西武百貨店や西友などとともに旧セゾングループ(西武流通グループ)の中核的存在であった。セゾンまたはセゾンカードとも称され、本項目でもそのように表記する箇所がある。日経平均株価の構成銘柄の一つ。 ウィキペディア
時価総額
3,090 億円

業績