• 特集
  • 番組
  • トピックス
  • 学び
プレミアムを無料で体験

アングル:高まる欧州エネルギー安保リスク、ロシアガス供給再び削減

Reuters
4
Picks
このまま本文を読む
本文を読む

コメント


のアイコン
0 / 1000
シェアする

注目のコメント

  • 北海道立総合研究機構 研究職員

    ロシアからEU諸国に向けたガス供給量は、従来の40%から半減する見込みとのことですので、80%の供給減と考えると恐ろしいですよね。

    ロシアへのガス依存度が高い国ほどダメージは大きく、国内での反発も大きくなっているのは明瞭だと思います。

    日本もリスク分散のためにも国内外における食糧やエネルギーの自給率のバランスを若者も考えるべきだと思います。


  • すでに、ドイツではハーベックが「ガスが足らないのならば市民生活を守るために工場を止める」と発言して大反発を食らった、とのこと。でも「ドイツだけ特別扱い」は通らんでしょう。
    最悪、「EUを巻き込んで(もう価格統制でもめてるけど)」優先付けせざるを得なくなることすら「絵空事」ではないように思われます。

    メルケルの神通力なき今、ことは欧州域内では収まらないかも、なんて。心配です。


アプリをダウンロード

NewsPicks について

SNSアカウント


関連サービス


法人・団体向けサービス


その他


© Uzabase, Inc

新しい記事ページ
を表示しています

ご意見・ご要望はこちらまで

マイニュースに代わり
フォローを今後利用しますか