• 特集
  • 番組
  • トピックス
  • 学び
プレミアムを無料で体験

第7波の流行後にコロナ後遺症の相談事例が急増 コロナ後遺症について現時点で分かっていること(忽那賢志) - 個人

Yahoo!ニュース
10
Picks
このまま本文を読む
本文を読む

コメント


のアイコン

注目のコメント

  • 温厚で思考好きな人

    後遺症がなぜ起こるのかまだ十分にわかっていません。複合的な要因としていろんなことが上げられていますが、僕が疑っている追加要因としては『コロナ後遺症が喧伝されていることで『自分もそうかも??』といった心理的な要素』です。

    ナゼならワクチンの治験で見られるように偽薬であっても発熱をする人が少くないこと。また女性の方が繊細でコロナでの不安になりやすい。それと高齢者や重症者に多いということですが、そういう人達って元から長期入院したら筋力が衰えたりそれがキッカケで持病が悪化したりするような世代なのでコロナだから・・・かどうかの判断はなかなか難しいようにも思います。脱毛とか味覚障害とか特徴的なものなら別ですが様々な症状はコロナとは関係なく老いによって出てきたりしますから。

    誤解のないように言っておきますが、僕はコロナ後遺症がないと言っているワケではありません。僕自身も感染したあとに脱毛などを経験しています。コロナ後遺症と言われるもので実際にはそうではないものも混じっているだろうという話です。概念としてはワクチンの有害事象と同じ。


アプリをダウンロード

NewsPicks について

SNSアカウント


関連サービス


法人・団体向けサービス


その他


© Uzabase, Inc

マイニュースに代わり
フォローを今後利用しますか