今日のオリジナル番組


詳細を確認
成功企業に学ぶ「令和のマーケティング戦略」
本日配信
11Picks
Pick に失敗しました

人気 Picker
米国内での対立。なお、テキサス州はTeslaなども呼んでいるわけで、中東とかもそうだが、マクロ的な化石燃料・温室効果ガスへの反対論と、現在の経済を支えるエネルギー系企業やその利害関係者の感情・現実のバランシングが、とても難しい。

金融機関については、そうはいってもESGを推進すると思う。米国でも全部が反対するわけではなく、国連のPRI(ESGも考慮して投資するという責任投資原則)にほぼ署名していると思う。
そして、署名をしなければ上場している大規模運用機関・金融機関は自社のリスクに、上場企業としてもなる。事業面でも、PRI署名を取り下げたりすれば、逃す資金も大きくなるだろう。
その意味では、PRI署名しない反ESGの独立新興ファンドの参入余地ではあるが、実際にどれだけ大きくなれるかは微妙だと思う。