• 特集
  • 番組
  • トピックス
  • 学び
プレミアムを無料で体験

海底ガス管漏えい、直前に爆発 「ロシアのテロ攻撃」とウクライナ

62
Picks
このまま本文を読む
本文を読む

コメント


のアイコン

注目のコメント

  • badge
    静岡県立大学国際関係学部 准教授

    (追記)ロシア政府が、この問題について、国連の安全保障理事会の開催を求めました。
     ノルドストリームを所有しているのは、ロシアの国営企業ですから、かたちとしてはロシアの資産が破壊されたことになります。
     ロシア政府は、安全保障理事会の場で、いかにロシアが悪意に満ちた攻撃を受けていて、多大な損害を受けている被害者であるかを宣伝するでしょう。

    デンマーク首相:
    「海底の複数の箇所で同時に爆発が起きたことが偶発的な事故とは考えにくい。」「計画的な破壊工作である。」
    https://twitter.com/i/status/1574743910479380481

    海上に広い範囲で、漏れ出たガスが広がっていることから、バルト海での航行に危険があり、航行禁止海域が設定されています。

    ノルドストリーム1を所有、運営しているのは、ロシアのガスプロムの子会社ですが、「経済制裁を受けているため」現在修復はできない、とのことです。


  • badge
    メディア・コンサルタント フリーランス

    ドイツにとっては、ロシアへのガス依存をやめるというふんぎりがつくのではないでしょうか。もしプーチンが失脚してロシアの体制が変われば、修理して使えばいいだけだし。


  • 毎日新聞 ニューヨーク支局専門記者

    天然ガスに含まれるメタンはCO2の80倍(20年)の温室効果があります。どの程度の量が漏れているのか不明ですが、長期化すれば気候変動問題の観点でも非常に懸念されます。


アプリをダウンロード

NewsPicks について

SNSアカウント


関連サービス


法人・団体向けサービス


その他


© Uzabase, Inc

新しい記事ページ
を表示しています

ご意見・ご要望はこちらまで

マイニュースに代わり
フォローを今後利用しますか