• 特集
  • 番組
  • トピックス
  • 学び
プレミアムを無料で体験

ウクライナ、東部ハリコフ州でも反撃 集落奪還と発表

40
Picks
このまま本文を読む
本文を読む

コメント


注目のコメント

  • badge
    静岡県立大学国際関係学部 准教授

    ウクライナ軍は、8月下旬から反攻を意図してきましたが、主な正面であるへルソン州では、ロシア軍との間で毎日、村を1つか2つ取ったり取られ返したり、の繰り返しで、はかばかしい前進がありません。州都へルソン市には、当分届きそうにありません。
     今週に入って、ウクライナ政府は、ハルキウ州での反攻の成果を強調しています。こちらも、村をいくつか取ったり取られたり、という規模です。
     大きな犠牲が出る、人口数万に規模の都市を取り返す作戦には、ウクライナ軍は手をつけていません(ハルキウ州の人口3万人の都市、バルキリヤは奪還作戦の対象になりえます)。
     ハルキウ州でウクライナ軍が戦果を挙げたといえるのは、さらに前進して、ロシア軍の拠点となっている都市イジウムを奪還するか、その後方の補給線を切断した時でしょう。

    いずれにしろ、ウクライナ軍には、長期の大規模な反攻を継続するだけのリソースは無さそうに見えます。
     反攻が成功するとしても、50km 程度の前進にとどまるでしょう。
     ロシア軍と数カ月の膠着状態に持ち込むのは可能なので、
    その間に欧米諸国からこれまで以上の兵器支援と訓練を受けて、リソースの蓄積ができれば、次の反攻作戦も実施できるでしょう。
     そうやって、双方が数千人が死傷して10km四方を奪い合う、という戦いで勝ちを重ねていくしかありません。


  • badge
    東京大学 公共政策大学院教授

    これまで南部ヘルソン州に集中して反転攻勢をかけると思いきや、東部のハリコフ州で反撃が始まる。南部にロシア軍を動かしてからの東部の攻撃。陽動作戦(欺瞞戦略)としては見事。


  • badge
    NASA Jet Propulsion Laboratory 技術者・作家

アプリをダウンロード

NewsPicks について

SNSアカウント


関連サービス


法人・団体向けサービス


その他


© Uzabase, Inc

マイニュースに代わり
フォローを今後利用しますか