• 特集
  • 番組
  • トピックス
  • 学び
プレミアムを無料で体験

米住宅ローン金利、5.55%に急上昇ー住宅購入者への圧力再燃

Bloomberg.com
74
Picks
このまま本文を読む
本文を読む

コメント


のアイコン
0 / 1000
シェアする

注目のコメント

  • 株式会社TERASS 代表取締役社長

    >30年物固定金利は平均5.55%と、前週の同5.13%から上昇
    とんでもない上げ幅。
    業界としてはつらいですが、こういったアグレッシブな金融政策(日本とは違い緩和ではない方向へ)を取れるというのはまた、経済が底硬いアメリカだからこそ。


  • ITビジネス

    昔(昭和50年代)は日本でも住宅金融公庫の融資基準金利が5.5%でした。 当時は不動産価格と賃金が上昇していたから、怖がらずに買えたのですね。
    https://jhffaq.jp/jhffaq/jhf/web/listByCategory_kijunkinri.html


  • リーガルコンサルティング行政書士事務所 特定行政書士

    フレディマックの公式サイトで毎週公表されている指標です。
    https://www.freddiemac.com/pmms

    このチャートから見て取れる通り、30年ものは、その期間に相応した超長期国債の利回りに大きくされるがゆえに、毎週の変動幅はもともと大きいため、ここで大きく取り上げられるほどのものではないことがわかります。

    現在、アメリカの住宅ローンの取り組みは、30年から5年、あるいは変動ものにシフトして実行されるケースが多くなっています。

    アメリカでもスワップコストがかかるものの、固定金利期間は変更できるものが多いので、実需に支えられた新規購入にかかる住宅ローンの実行は形を変えるものの安定推移すると考えます。


アプリをダウンロード

NewsPicks について

SNSアカウント


関連サービス


法人・団体向けサービス


その他


© Uzabase, Inc

新しい記事ページ
を表示しています

ご意見・ご要望はこちらまで

マイニュースに代わり
フォローを今後利用しますか