139Picks
Pick に失敗しました

人気 Picker
ハチ公の飼い主は東京大学・農学部の上野博士。渋谷駅から当時駒場にあった農学部まで歩いていたと言います。

ちなみに、ハチ公はどれくらいの大きさだと想像されますか?講演などで皆さんに「大きさを想像して手で示してください」と質問すると、体の幅くらいのいわゆる室内犬の大きさを示す方が多いです。

ハチ公は大正時代の秋田犬ですから、みなさんが思う以上に大きいです。東大農学部には上野博士に会えて喜ぶハチ公像がありますが、飛びかかられたら上野博士が転倒してしまいそうです。

東大ハチ公物語
https://www.en.a.u-tokyo.ac.jp/hachi_ueno_hp/hp/
デジタル地域通貨の目的は、地域コミュニティの利便性向上と経済成長。決済にどんな付加価値をつけるかが重要です。

かつて2000年初頭だったでしょうか、渋谷で電子マネーの実証実験がありました。その時は、プリペイドカード方式で渋谷区以外の人も使えました。

忠犬ハチのキャラクターを入れたプリペイドカードの方が渋谷区のイメージアップになるのではないでしょうか。スマホを持っていない子供も使えます。

モバイルとカードを連動すればもっと楽しい決済コンテンツになりそうですね。
ハチペイ、ハチポ可愛い!
ボランティアを媒介するというのもいいですね。ポジティブな経済圏になるとよいなと。
地域通貨+ポイント@渋谷。さまざまなポイントや決済がある中で、どれだけ店舗や施設を巻き込んでコト起こしができるか。渋谷なら可能性ありますね。カヤックが実行するという点でも注目です。
渋谷で使えるハチペイ。わんこのアイコンが可愛いですが、乱立しすぎの今、なかなか広がりが難しい気もします。
「換金性がなく、地域のイベントやボランティア活動などでコインを獲得し、お店やイベントでの特別な体験に利用できる」というポイント=ハチポ、はちょっと複雑なものの、コミュニティとしての広がりの可能性がある気が。
ソーシャルゲームや企業向けネット広告コンテンツ制作の受託を中心に展開。スマホゲームに特化したゲームコミュニティ「Lobi」も開発・運営。
時価総額
119 億円

業績

国内印刷業界2強の一角を担う総合印刷会社。印刷で培った技術力を活かし、パッケージやディスプレイ、光学フィルム、電子デバイスの製造も手掛ける。PETボトル充填システムで世界シェアを拡大する一方清涼飲料事業も展開。
時価総額
1.29 兆円

業績

IT技術を活用したマーケティング、クレジットカードやコンビニなどの電子決済を中心としたソリューション提供が主力事業。ベンチャー企業や再生企業を対象とした投資事業も行っており、グループ内との連携強化や新たな収益柱育成にもつなげる。
時価総額
1,600 億円

業績