• 特集
  • 番組
  • トピックス
  • 学び
プレミアムを無料で体験

超単純なモバイルゲームで評価額14億ドルのユニコーン企業の秘密

110
Picks
このまま本文を読む
本文を読む

コメント


のアイコン

注目のコメント

  • badge
    株式会社モンドリアン メタバースエバンジェリスト

    ゲームというものは"何"と捉えるのか、によって、そのポテンシャルやイメージが大きく変わってきます。暇つぶし、遊び、現実逃避、簡単に承認欲求が獲得できるもの、情報獲得により好奇心を満たすもの、コミュニケーションツール、総合芸術、生存ゾーンの拡大、脳内物質製造装置…あらゆる捉え方で拡大していける多面性のあるものなので、ハイパーカジュアルゲームでも、人類の時間概念を変えるほどのポテンシャルがあるわけです。ゲーム業界で起こっていることは、確実に人々の生活を一部を映し出すものだと思います。


  • badge
    AtCoder株式会社 代表取締役社長

    記事は「超単純なモバイルゲーム」って書いてあるけど、本質は「ゲームとして楽しい」って要素なのかな、って印象。
    DeNA/GREE時代の「低予算で数を打つ」って思想ではなく、ゲームとして面白いものをちゃんと提供する。それはシステムが面白い事が重要で、グラフィックなどが重要ではない。あたりが学び。
    一つの戦略としてアリだと思うけど、ゲームの企画者が凄腕じゃないと無理そうだなあ。ゲームに対して「A/Bテストを繰り返した」って言ってるけど、どうやったのかの詳細はとても気になる。


  • badge
    Re entertainment 代表取締役

    Tripledot Studiosがハイパーカジュアル系で売上2億ドル、利益3千万ドルで時価総額17億ドル。Ubisoftに買われた仏Ketchappは毎月2千万超のDLを誇る業界のイノベーターだったがその時は数百億円だったと聞くので、だいぶバブった印象。モバイルの広告単価が上がったということかな。


アプリをダウンロード

NewsPicks について

SNSアカウント


関連サービス


法人・団体向けサービス


その他


© Uzabase, Inc

マイニュースに代わり
フォローを今後利用しますか