新着Pick
483Picks
シェアする
Pick
Pick に失敗しました

人気 Picker
本連載のライター担当です。
大塚さんはソーシャルメディア時代の本質について、実践に基づいた仮説を持っておられ、確かに電通も欲しいだろうなと思いました。自信満々なところは僕が思い描いていた電通マンのイメージと重なります。
長いものに巻かれろ的な
この連載、取材対象の方の「過去」が「今やっていること」にどうつながっているかを描いていて、とてもおもしろい。
正直、なぜここまで反感を買っているのかがわからず。人格について「きっとこうなんだろう」といろいろ書かれちゃってるけれど、記事と写真だけからは判断するだけの根拠はないし。念のため「」抜きの発言部分も確認してみたけど、特段ドヤドヤしているわけでもなかった(冒頭の「自信満々に〜」の記述くらい?)
何だろう、記事内容より顔つきに「関わりたくないタイプ」な印象を持ってしまった。いかにもすぎて。多分リアルで話聞くとそんなことないんだろうけど。イメージって大事だね。
電通ってこういう人を許容できる懐があるからこそ、電通なんだよな〜。いわゆる大企業でこういうタイプの方を活かせる会社はそう多くない。企業としても本人としてもマッチしてるのであれば、何の問題もないですね。
すごいなぁ。
でも独立したら、会社の肩書きはなくなる。この語りっぷりで一緒にお仕事する人出てくるかな。
自分は事業と人と仕事をするので、お金だけだったら一緒にやりたくないタイプ。
電通や博報堂の人が6時に退社して、お客さんと飲みに行って、パンツ脱いで、お尻にピーナッツ入れて、毎日朝帰りっていう、そういう泥臭い営業をしてることも忘れちゃいけない。
電通でしか出来ない事って何?
男ならDMMの亀直で勝負でしょ?
すごい叩かれてる笑 坂本龍馬みたいな感じにしたいなら、何か既存のサービスを便利にしたりアプリにしたりするんじゃなくて、何かもっとすごい課題解決に期待。
他社が参考になる面白い採用、と考えます。↓はなぜだったのか、いまひとつよくわかりませんが。
「クライアントであるCMプロダクションの社長に「これは間違いなく革新的だ」といつにも増して意気込んで事業提案をした大塚氏に対して、社長が「これは電通じゃなきゃできない」「これは電通の意見を聞かなきゃいけない」と答えたのだ。」
株式会社電通(でんつう、英語: Dentsu Inc.)は、日本最大手の広告代理店である。広告業界では世界五大グループの一角をなしている。 ウィキペディア
時価総額
1.37 兆円

業績