新着Pick
271Picks
Pick に失敗しました

人気 Picker
GDP比率スタートアップ投資額は、中国0.8%、米国0.4%、日本は0.03%と桁が違います。日本は上場しやすいため米国とユニコーン(評価額10億ドル以上の未上場企業)の数を比較するのはあまり適切ではないにせよ、VCの投資額が今後増えていくのは、スタートアップの成長に非常に重要かと思います。
しかし、年金も非営利ではないのでスタートアップエコシステム云々以前に、VCが魅力的なリスクリターンを出すことが前提ですが。
GPIFとは受益者たる年金受給者の利益最大化が唯一至上命題であり、スタートアップ育成は守備範囲の外である。
米国の年金運用においてもエリサ法のプルーデントマンルールの下厳しく細かく運用方法が規定されている。が1979年に「経済価値が同等である限りにおいて」VCファンド含む社会責任投資は行いうるとの労働省の解釈改定によりVCファンドへのLP出資が本格化した。それがあくまで結果論として、米国のスタートアップ繁栄の一助となった。

ただしその前提は高いリターンを継続的に上げるVCファンドが十分な数と規模で存在していた事や、パフォーマンス管理測定など投資家説明責任を果たす実務能力があっての事である。
その点につき日本でも既に十年近く前から議論を重ねると同時にVC協会や個々のファンドマネジャーが努力を続けてきた。今回はこれが実った形である。
米国から実に40年以上遅れで日本でもそれが具現化した形であり、報道の通りであれば投資規模は未だ小さくようやく一件目である。がしかし上記文脈の通りその意味合いとしては大きな一歩だろう。

結局のところスタートアップ育成を叫んだところで、エコシステムとは総じてどこかに一つのセンターピンがあるわけでも、どこかに誰か悪者がいて進まないというものでもない。個々のプレイヤーがなすべき事を愚直に行うことで時間をかけて拡大再生産されるものである。
年金マネーの巨大クジラ GPIF(年金積立金管理運用独立行政法人)が、いよいよ公言通り国内ベンチャーキャピタルへのLP出資を開始した、しかも第1号は我らがグロービス!! やったー。同じVC業界仲間として純粋に嬉しいですし、この大きな第一歩が日本のスタートアップへの資金供給を一変させる歴史のスタートにつながると感じてます。おめでとうございます!
アメリカでスタートアップがここまで存在感を持つようになったのは、70年代のERISA法によって年金基金がVCをはじめとしたオルタナ資産に投資できるようになって以降。それ以前はアメリカと他国で有意な差はありません。
純粋なリターン目的の資金が流れ込むことが、いかにエコシステムの成長に寄与するかを物語っています。

日本におけるVCへの出資の主体は事業会社ですが、こうしたお金はどうしても戦略性や制約を帯びた紐付きの資金になってしまいがち。国内VCマネーのほとんどは、こうした紐付きの資金です。

各経済団体がスタートアップの振興に向けた議論を交わすのは良いのですが、そうした提言よりも自社の年金基金の一部でも、純粋なリターン目的でVCへのLP出資に回す方が、よほどスタートアップ・エコシステムの発展に大きく寄与すると考えます。
ついに年金、感慨深いです。200兆円の資金をどう運用できるかは、国民の利益そのものです。より大きな資金の運用先としてスタートアップエコシステムの魅力を高めるには、ファンド&キャピタリストの質と量の向上、そしてなによりその資金を活用するに値するスタートアップの創出と育成に他なりません。

供給されれ資金量が増えれば増えるほど、それを増やすのが難しくなります。これからが日本のスタートアップエコシステムにとって本当のチャレンジ、そして正念場です。
日米ファンドの出資構成という2つのパイチャートを見ると明らかなのが、日本はどこまで行っても銀行中心の金融システムに依存しているということです。それは銀行がコケればすべてがうまく回らなくなるという構図だということもできます。その背景は、個人の家計資産が圧倒的に銀行預金に回るというこれまでの傾向と、年金の運用がともすればことなかれで先例主義で上場株式と国債偏重のインデックス運用で済まされてきたというところがあります。これに対し、例えば米国では年金運用の指針となる退職者年金基金法(ERISA法)で分散投資が求められ、スタートアップ投資だけでなく不動産投資にも相応の資金が振り向けられています。そして、不動産投資を年金に組み込むために、不動産投資市場自体の透明性を高める官民を挙げた取り組みが行われてきたという歴史もあります。人生100年時代を迎え、大切な年金運用が国債と上場株だけで行われ、金利の上昇や株価のインデックス変動に一喜一憂する現状から早く抜け出す努力をしないと若者の未来はないと思います。そういう視点に立てば、GPIFを含む年金基金がやるべきことはまだまだあるし、政府が「資産所得倍増プラン」を通じてやらなければならないことも沢山ある、と思います。日本のあらゆる価値あるもの投資対象に仕立てる、そしてその投資対象をきちんと育てて、将来の国民の安心の基盤にするという姿勢を、岸田政権に期待したいと思います。
日本も大きなお金がスタートアップに向けて動き出しそうです。
期待の第一歩に拍手です!
GPIFが、国内のVCに資金を入れてスタートアップ支援するならば、Zはスタートアップとオープンイノベーションを推進して、同じく支援をして行きます。
かねてから話に挙がっていたGPIFのスタートアップ投資ですが、第一弾として独立系VCのグロービス・キャピタル・パートナーズにLP出資をする契約を結んだとのこと。すでに米国などでは年金基金などの資金もスタートアップに割り当てられています。
今年4月の報道:GPIF資金、VC・スタートアップに循環する流れ作る-岸田首相
https://newspicks.com/news/6936761
GPIFがグロービスにLP出資へ。その他のVCへも数十億円規模を投資予定。全体から比べると規模は大きくはないけど、象徴的な意味として大きい。政府のスタートアップ重視の姿勢の表れ。大歓迎ですね!