• 特集
  • 動画
  • トピックス
  • 学び
プレミアムを無料で体験

創業の地 福岡はベストな選択か ── 福岡のスタートアップ・エコシステムの強みとは

DOGAN beta lab | スタートアップ・エコシステムを、地方に根付かせるメディア
103
Picks
このまま本文を読む
本文を読む

コメント


注目のコメント

  • 高橋 大就
    badge
    東の食の会 専務理事 / 一般社団法人NoMAラボ 代表 / 米国Purple Carrot 社外取締役

    スタートアップ・エコシステムのトップランナー、福岡、強い。高島市長のリーダーシップの下の10年間の積み重ね、大きいですね。
    この地方×スタートアップの潮流は変わらないし、自律分散型社会を築いていく上での大きなドライバーになっていくと思います。
    震災後の東北のリーダーの間では、米国史上最大級の災害を経て全米有数の起業のまちになったニューオリンズをずっと参考にしてきて、地域としてチャレンジを推進していくビジョンを共有してきました。
    私の住む福島県沿岸地域では、イノベーションコースト構想の下、テクノロジースタートアップが続々と集まって来ています。
    福岡を追い越すべく、頑張ります!


  • 塚本 幸一郎
    株式会社フジクラ 全社デジタル戦略ディレクター

    福岡に7年住んでいましたが、居住環境としては非常に良い場所です。私が住んでいた頃は、大名と呼ばれる天神からほど近い地域にITベンチャーが数多く生まれていましたが、今のような「スタートアップリテラシーの高さ」は皆無でした。

    「事業開発やファイナンス系の人材がまだまだ少ないのは大きな課題」があるというのは少々違和感があります。HQが福岡であっても、すべてのファンクションを福岡で閉じてしまう必要もないと感じます。(マクロな視点とミクロな視点で異なるところです)


  • 古堂 達也
    山口キャピタル株式会社 代表取締役

    福岡のスタートアップ・エコシステムは、地方ではフロントランナーであり、長年の活動の積み重ねから、他の地域をリードする存在になっています。

    その福岡のスタートアップ・エコシステムの中で圧倒的な存在感を放っているのがドーガンβ。

    住みやすい街、行政のバックアップに加え、ドーガンβを中心としたVCの、投資や支援活動によって、福岡のスタートアップ・エコシステムは年々広がってきており、参加者のレベルも高いと感じています。

    福岡市は、スタートアップの活性化とオープンイノベーションの促進で、地域価値を高めているロールモデル的な存在であり、この活動を日本全国、他の地域に広げていきたいです。


アプリをダウンロード

NewsPicks について

SNSアカウント


関連サービス


法人・団体向けサービス


その他


© Uzabase, Inc

マイニュースに代わり
フォローを今後利用しますか