今日のオリジナル番組


詳細を確認
眼科検診が変わる!?新デバイスで挑む起業家
本日配信
386Picks
Pick に失敗しました

人気 Picker
ヘッジファンドからしたら、日本の国債先物ショートと円ショートのポジションで簡単にリターン取れますね。日銀は物価の安定という目標は放棄してしまったんでしょうか。このまま円安が進むと、米国以上のスタグフレーションが起きるのではと心配しています。
今回は日本の市場参加者に近い人ほど「修正などあるわけないでしょう」と確信していたと思います。SNBの決定ごときで9年維持してきたロジックを(正否は別として)崩すことはあり得ないからです。なお、決定が出てきたスピード感(12時前)からも一顧だにしていないという姿勢が窺えます。円売り安心感は堅いです。
注目点は声明文に為替の文言が入ったとこでしょう。
為替動向を通じて実態経済に良からぬ影響が出れば動くと読み取る人もでてくるかもしれませんね。
続ければ続けるほど日銀のバランスシートと政府の借金が膨らんで日本経済が抱える歪が大きくなることは間違いなさそうに感じますが、長期に亘る金融緩和と財政支出の組み合わせで政府、日銀から企業・個人に至るまで低金利でなければ立ちいかない経済主体を増やしてしまった以上、ハードラングに至る覚悟なしに日銀が政策を変えて引き締めに入ることはもはや出来ない相談でしょう。政策を見直して長期金利の上限を引き上げでもしようものなら、更なる引き上げを期待して国債を売り浴びせる輩が出て来ないとも限りません。そうなれば円安と金利の上昇が同時に起き、それこそ対処が難しくなってしまいます。今のところ強烈なインフレが日本を襲っているわけではないので、日銀が現状を維持したのは当然です。
「企業の資金繰り支援と金融市場の安定維持に努め、必要があればちゅうちょなく追加の金融緩和に踏み切る」とのことですが、これだけカネが余っている状態で日銀が追加緩和してGDPを生む元気な国内企業と人材が果たして育つのか。それでなくとも人手不足の日本で成長力の無い企業が従業員とともに温存され、日本経済の活力をますます奪うに止まりそうな気がします。日本が成長軌道に戻って給料が増える期待はなかなかに持ち難い・・・ (・・;ウーン
ここまでは既定路線。連日指し値オペにチーペスト銘柄購入まで宣言し、金利は動かさないというファイティングポーズを取ったばかりの日銀が大きな変更を行うとは市場も殆ど思っていませんでした。
ただ、ここまで世界の流れから独立独歩で為替レートに影響を与えていることに関し、記者会見の応答で滲み出てくるかもしれない黒田総裁の説明や今後の見通しは要注目。
決戦は午後3時半からです。
現時点では妥当な判断として支持。金融緩和が継続できる間に、経済成長を軌道に乗せることができるかどうか。それにはマクロだけでなくミクロの構造改革も必要になる。
円安がずっと続きますね。物価高対策で何故か財政出動を促す方もいますが、標準的な経済学では、むしろ物価高を促すはずですが、はて。
1. Shadow BOJを組織し、決定させてみる。たとえば匿名の日銀中堅を入れてみる。
2. 成果が出るまで、報酬はいらないのではないか。
3. 「転進」はいつ?

PS
NewsPicksが経済メディアを標榜するのであれば、ここは「おじさん」日銀に正々堂々と公開質問状を出してはどうか。金融政策の国民的同意がいまこそ必要ではないかな。そのために。
サプライチェーンチャレンジによるコスト高に、日本独自の要素である円安による輸入物価上昇が加わって、インフレターゲット2%を達成するという皮肉な結果を受けて、金利水準変更というプロセスですね。
昨日スイスまで利上げに踏み切った中で日銀はあくまで現状の緩和方針を継続。米ドルに対してはもちろん、欧州通貨に対しても日本円の下落圧力は強まる。今年に入ってからグローバルマクロ戦略のヘッジファンドが好調だけどそのトレンドが続きそうで楽しみ