78Picks
Pick に失敗しました

人気 Picker
セヴェロドネツク市の制圧をもって、ルハンスク州はロシア側に全面的に制圧されたことになります。
 次は、ロシア軍は西進してドネツク州の全面制圧に向けて動いています。
 すぐに市街戦に入りそうな都市は、ドネツク州北部のスラヴィアンスク(人口10万人)です。ロシア軍はこの都市から10km以内に迫っていて、都市への砲撃も激しくなっています。手前に川が1つあり、主な橋は爆破されているため、ここをロシア軍がスムーズに渡れるかどうかで、市街戦、占領に至るかどうかが左右されます。
米国が提供する多連装ロケットシステムが使用可能になるタイミングがいつになるか。このシステムでは射程300kmと70kmのロケットを打てるが300kmの方はロシアを直に攻撃できるので提供しない方針。米国のロケット砲は射程が長くても精密攻撃できるので、投入されたら戦況は大きく変わる可能性があります。それまでロシアの制圧下におかれたセベロドネツクがでチャやマリウポリのような大量虐殺がおきないといいのですが。
陳さん:
> ウクライナは世界でもっとも腐敗した国であり

ウクライナの腐敗は、たとえそれが真実であっても、ロシアの罪を少しも軽減しません。なんなれば、第二次世界大戦前の中国の国民党にはさまざまな腐敗があったでしょうが、それが日本の中国侵略の罪を少しでも軽減したでしょうか?

第二次世界大戦において日本は「巨悪の国」でした。もちろんアメリカが100%の正義では全くなかったし(原爆とか)もしかしたらウクライナも真っ白ではないでしょう。でも、巨悪の国はロシア。そう言い切ることに何ら躊躇があるべきとは思いません。

【追記】逆に過去の日本の侵略を正当化する論理は、日本の外から見ると陳さんの意見と同列に映ることをよく覚えておいてください。
ウクライナ南東部マリウポリの製鉄所が陥落して流れが変わってしまいましたね。
ロシアがどこで侵略を止めるのでしょうか。
東部だけでなくウクライナ全土に広がらないか心配です。
なんとかロシアを止めることはできないのでしょうか。
制裁だけでは効果がありません。
侵攻は許せないが、ウクライナは世界でもっとも腐敗した国であり、ウクライナの腐敗についてはまったく日本のメディアから消えてしまい、今は巨悪の国はロシア、正義の味方はウクライナ。こんな報道の仕方ではほんとうにいいのでしょうか。ウクライナは戦争に勝つことはありません。今後のウクライナは普通の国、腐敗の少ない国になるでしょうか。
ウクライナが必要としているのは戦車、装甲車、榴弾砲、多連装ロケット、地対空ミサイル、戦闘機などの軍事援助

ウクライナのゼレンスキー大統領が要求した重装備の大型兵器
https://news.yahoo.co.jp/byline/obiekt/20220414-00291345