• 特集
  • 番組
  • トピックス
  • 学び
プレミアムを無料で体験

ウクライナ東部の要衝、ロシア軍が「大半」制圧

78
Picks
このまま本文を読む
本文を読む

コメント


のアイコン
0 / 1000
シェアする

注目のコメント

  • badge
    静岡県立大学国際関係学部 准教授

    セヴェロドネツク市の制圧をもって、ルハンスク州はロシア側に全面的に制圧されたことになります。
     次は、ロシア軍は西進してドネツク州の全面制圧に向けて動いています。
     すぐに市街戦に入りそうな都市は、ドネツク州北部のスラヴィアンスク(人口10万人)です。ロシア軍はこの都市から10km以内に迫っていて、都市への砲撃も激しくなっています。手前に川が1つあり、主な橋は爆破されているため、ここをロシア軍がスムーズに渡れるかどうかで、市街戦、占領に至るかどうかが左右されます。


  • badge
    メディア・コンサルタント フリーランス

    米国が提供する多連装ロケットシステムが使用可能になるタイミングがいつになるか。このシステムでは射程300kmと70kmのロケットを打てるが300kmの方はロシアを直に攻撃できるので提供しない方針。米国のロケット砲は射程が長くても精密攻撃できるので、投入されたら戦況は大きく変わる可能性があります。それまでロシアの制圧下におかれたセベロドネツクがでチャやマリウポリのような大量虐殺がおきないといいのですが。


  • 筑波大学大学院 情報学学位プログラム

    陳へ:

    中国は清の時代から腐敗が続いてきた。民国も共和国も廉潔とは言えない。

    あなたの理屈に従えば、アヘン戦争も、日本の中国侵略も、アメリカの経済制裁はすべて正義であるだろう。そして今も腐敗が続いているので西側はもっと制裁すべきだろう。

    とある国の代弁者になろうかはご自分の自由だが、同胞の首を絞めないでいただきたい。


アプリをダウンロード

NewsPicks について

SNSアカウント


関連サービス


法人・団体向けサービス


その他


© Uzabase, Inc

新しい記事ページ
を表示しています

ご意見・ご要望はこちらまで

マイニュースに代わり
フォローを今後利用しますか