新着Pick
38Picks
Pick に失敗しました

人気 Picker
「ロシアはデフォルト(債務不履行)の瀬戸際に追い込まれた」とのことですが、債務不履行は債務者側の資金不足なり技術的な問題なりで債務が支払われないことを意味するものじゃないのかな・・・ ロシアが侵略戦争を始めたがゆえ制裁を課されて払えなくなったことは事実だけれど、債務者側に「資金も支払いの意思もある」のに受け取る側の政府が支払い手続きを履行せず払われない状態を、(債務者による)債務不履行と呼ぶのはそもそも無理があるように感じます。
そしてこの制裁が「外国人投資家の権利を侵害し、西側諸国の金融インフラに対する信認を損なう」ことも確かでしょう。払えなければロシアは手元に外貨が残るだけですし、対ロ制裁に加わらず西側諸国の対応に反発する強権的な国々は、ドルとSWIFTと米銀に決済を依存するリスクを改めて感じるでしょうから。そして世界人口の三分の一は対ロ制裁に反対する国々に、三分の一は態度を表明しない国々にいるのです。
ロシアを世界経済から切り離す意図は良く分かりますけれど、ロシア国債をデフォルトに追い込む策がどこまでロシアを追い込むか、実際に損失を蒙る投資家が内心感じるかもしれない米国政府への不満等を考えると功罪の判断は難しいんじゃないのかな・・・ (・・;
ルールを軽んじてもらっては困る。投資家はドルでの元利金の支払いを期待しているのであって、その資金が決められた期日に自分の口座に入金されなければ、ロシアの意図がなんであれ、制裁の足枷がどのようなものであれ、ダメなものはダメ。そんなものは一切斟酌することはありません。金融市場を甘く見てもらっては困ります。制裁がドルでの入金へのハードルなのであれば、ロシアはそれに対して文句を言うのではなく、制裁を解除してもらうためのあらゆる手を打つべきで、その打つべき手には、西側諸国に謝罪し、ウクライナから撤兵することも当然含むと考えるべきでしょう。投資家は、「約束通りお金が振り込まれることだけを見ている」のであって、その他の説明はなんの足しにもなりません。"Show me the Money, not now,but RIGHT NOW" だということ。それが金融というものです。それができなければ、国際金融市場から追い出されるだけなのです。ロシアのシルアノフ財務相が弁明しようが、プーチンがなんといおうが、ルールはルール。デフォルトはデフォルトなのです。
昨日下記が報じられていましたが、ロシアから国債の元利払いを受け取ることを認める米財務省の特例措置が失効したとのこと。
ロシア政府は対外債務をルーブルで支払うと表明していますが、米国はどう対応するのか、注目です。
【ロシアの債務履行可能にした米特例措置失効へ-デフォルト近づく】
https://newspicks.com/news/7103105
窮鼠猫を噛む…にならないようにしないと。

※個人的な見解であり、所属する会社、組織とは全く関係ありません